おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Moodswings




Elvis Costello, Sting, Björk etc.(Vo)
Brodsky Quartet
BRODSKY RECORDS/BRD3501



弦楽四重奏とヴォーカル、それもロック・ヴォーカルとの組み合わせなどと言うものは、ヴォーカル・インストゥルメンタルの黎明期の「ザ・ビートルズ」ですらすでに手がけていたことでした。「イエスタデイ」や「エリナー・リグビー」でのバックに弦楽四重奏(もっと多いとも言われていますが)を起用したジョージ・マーティンのセンスは、当時の聴衆にはきわめて斬新に映ったはずです。ただ、ロックだけではなく、クラシックにも愛着を持っている人の場合は、そのストリングスの使い方には、少なからぬ違和感があったのではないでしょうか。基本的に、ヴァイオリンなどはリズムを刻むことには適していない楽器。リズムこそが命のロックとの、それが一番の齟齬だったのかもしれません。ポールがギター一本で弾き語りした「イエスタデイ」の方が、「ヘルプ!」というアルバムに収められているオリジナルバージョンより遙かに美しいと感じられるのは、私だけではないはずです。
大きく分けて2通りのコンセプトから成るブロドスキー・カルテットの新しいアルバムですが、その一つの側面、大物シンガーに自作を歌ってもらい、その伴奏をカルテットが行うという部分では、いまだこのビートルズの次元にとどまったままの安直な共演に終わってしまっているという誹りは免れません。当のエルヴィス・コステロが、「弦楽四重奏で伴奏するなんて、おめえら狂ってんな」と、看護婦さんの姿で(それは「コスプレ」)言ったというのがジョークに聞こえないほど、アルバムタイトルでもある彼の曲「My Mood Swings」での旧態依然たるバッキングは、情けないものです。リチャード・ロドニー・ベネットなどという作曲界の重鎮が自ら歌っている「I Never Went Away」あたりも、ある種のお遊びとしか聴くことは出来ません。それが、ビョークの「I've Seen It All」になると、彼女の開き直りに近いクラッシックへのアプローチにより、とても新鮮な味が出てくるのには驚かされます。異質なものを無理に融合させようとしない、これは彼女のひらめきの勝利です。
その意味では、もう一つのコンセプト、カルテットのメンバーがイギリス国内の学校を巡り、ティーンエイジャーたちとの共同作業の中から曲を生み出すというプロジェクトの成果の方にこそ、より刺激的なものを感じることができます。これは、メンバー以外に、作曲家も参加、生徒たちは曲や詞にアイディアを出したり、あるいはコンサートの企画やアートワーク(パンフレットやステージング)に加わって、何らかの形で一つのパフォーマンスに関わるというちょっと素敵なものです。中でも、イアン・ショーという人が歌っている「Venus Flytrap」と言う曲は、作詞も作曲も全て生徒によるもの、とてつもない発想のメロディーラインと、それにからみつく弦楽器が、ジャンルを超えた真の意味での「コラボレーション」を実現しています。
リズムに命をかけるロックと、メロディーを偏愛することから始まるクラシック。この2つのものが、ともに何かを作り上げようとするときには、何を大切にすべきか、あるいは、何を捨てるべきか、そんなことを深く考えさせられる、かなり重いアルバムです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2005-03-27 00:02 | ポップス | Comments(0)