おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
音楽の力
 電気、水道と開通し、生活はかなり楽になりました。ただ、都市ガスが、おおもとのLNGプラントが津波で破壊されてしまっているので、回復にはあと数カ月はかかるだろうという見通しですね。まあ、でも電気さえあればお湯は沸かせますし、この時期はそんなに汗をかくこともないでしょうから、お風呂もまあまあ我慢できるでしょう。あとは、食料や日用品を手に入れるのに、まだ少し手間がかかることでしょうか。スーパーなどは電気が来始めたらすぐ営業を開始してくれましたが、何せ仕入れが少ないものですから、常に長蛇の列。2~3時間待つのは普通のことになっています。それと、ガスがないために、一番欲しいカセットボンベが、ほとんど手に入りません。そして、前回書いた石油ですね。でも、これは、たとえばスーパーできのうは一人10品しか買えなかったのが、今日は15品まで買えるようになった、という具合に、確実に良い方向へ向かっている、という感触がありますから、もう少し待てば普通に近い状態で買い物が出来るようになるに違いありません。焦ってパニックにならず、冷静に待っているという姿勢が大切なのでしょうね。都会の人のように、十分に足りているのにやみくもに買占めに走る姿は、本当に醜く感じられます。そういう人たちに「がんばれ、東北」とか言われても、なんのありがたみもありませんよ。
 生活がままならないのですから、音楽の練習などはいつも通りのことなんか出来るわけがありません。まず、物理的に、いつもの練習場が損傷を受けたり、避難所に使われていたりするものですから、練習する場所がありません。さらに、今日と明日はニューフィルでは東京から本番の指揮者が来てのリハーサルの予定でしたが、ご存じのように東京と仙台の間は新幹線がストップしていますから、そもそも仙台に来ることが出来ません。普通の練習でも、車が必要なところでは、ガソリンがなくて車で来ることが出来ない人がたくさんいます。そして、さらに深刻なことに、演奏会を行うホールが、軒並み被害を受けているそうなのです。ニューフィルの春の定期演奏会は、宮城県民会館で行う予定でしたが、被害が大きく、確実に使うことができません。まだ新しい萩ホールも、内壁が落ちてきたそうで、これもしばらくは使えない状態、まだ結論は出てはいないようですが、これだけの悪条件が重なっていては、到底予定していた4月23日に演奏会を開くのは不可能なのではないでしょうか。チラシやポスターも出来上がり、私の担当部分はもうすべて配り終わったというのに。
 こういう時に問われるのが、「音楽」の持つ意義、でしょうか。ガスやガソリンとは違って、音楽なんてなくても、生活は出来ます。快適な生活があってこその、音楽の役割、というあたりが、まず平均的な感覚なのでしょうね。それはそれで正しいことでしょうし、それに反駁できるほどの意味もとっさには思いつきません。でも、人が食事を求めておなかが減るように、音楽がなかったらなんだか満たされない気持ちになってしまう、ということも多いのではないでしょうか。今、私の部屋では、壁一面に収納していた本やCD、ビデオテープが床に積み重なっていたのを、1枚1枚撤去する作業に追われています。テレビはひっくり返っていますし、CDプレーヤーやアンプも埋もれていました。それがやっと使えるようになったので、まずは音が出るかのテストで、そばにあった「Abbey Road」をかけてみました。1週間ぶりに聴いたちゃんとした「音楽」、それは、間違いなく乾ききっていた私の体の中にしみわたってきましたよ。格別聴きたいとは思ってはいなかったのですが、実際に聴き始めると、いかにそれまで音楽が聴けなかったために心が飢えていたのかが、実感できたのです。おそらく、この感覚が、音楽を聴きたい、あるいは音楽を演奏したい、という気持ちの原点なのではないでしょうか。理屈では分からない人間としての本能、こればかりは、地震や津波、ましてや原発事故ごときに、破壊することは出来ないはずです。
 明日からは、多分「おやぢの部屋」も再開するつもりです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-03-19 22:36 | 禁断 | Comments(2)
Commented by 新潟のまさ at 2011-03-20 04:34 x
この度の震災での被害、心よりお見舞い申し上げます。
私のブログでは音楽とラーメン・グルメを主に書いておりますが
グルメ関係は全く書く気になれません。外食していても
美味しいと思えません。同じ日本で食べるものに困って
3人でおにぎり一つを分けて食べている、そんな時に
ハッピーな記事は書けません。
音楽の話題も当初避けていました。
音楽も聴く気になれない。私は大好きなデュークエイセスの
「゛気象台」「望郷抄」「衣装箱」を聴きました。
心は癒されました。人それぞれ好きな音楽はバラバラです。
よく被災地に送る応援歌なんか募集しているけど
あれはナンセンス。やっぱり食べるもの 布団 生活用品が
必要と思います。でもやっぱり好きな音楽を聴くと元気になります。
被災者の人がリクエストしてそれに応えてくれる
番組があったらいいな 一日ずっと 
聞きたくても聞けない状況ですから。
考えて欲しいです。
おやぢさん 心から応援しています。
Commented by jurassic_oyaji at 2011-03-20 07:54
まささん、温かいコメント、ありがとうございました。
津波被害に遭った方々や、原発周辺のの人たちに比べたら、私などは本当に恵まれています。精一杯頑張っていきますので、ご安心ください。