おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
復旧作業
 ニューフィルの春の定期演奏会が、正式に中止となることが決定しました。物理的に無理なのは分かっていましたが、それがついに現実になってしまったのですね。もちろん、こんなことはニューフィル始まって以来のことです。今年はニューフィルが生まれて30年目、それだけ長生きしているといろんなことがあるのだな、ということでしょう。
 東京あたりでは、地震直後こそは交通状態などの影響でしょうか、「中止」になるコンサートも多かったようですが、今ではフツーに開催されることもあるみたいですね。中には「チャリティ」という「大義名分」を立てて、「堂々と」開催されることもあるのでしょうね。まあ、それが被災地を「励ます」ことになるのだと信じて疑わない人たちにとっては、なんとも誇らしい行動に違いありません。せいぜい「がんばって」くださいね。
 中止の最大の、というか、決定的な要因は、会場の宮城県民会館が損傷が激しくて使えない、というものでした。最悪、他のホールが使えれば、という一縷の望みもあったのでしょうが、「川内萩ホール」までもが使えない状況になっていたのでは、どうしようもありません。それにしても、県民会館の被害はかなりのものだったようで、おそらく秋の定期演奏会でも使えないのでは、ということのようですね。そんなに時間がかかるのなら、いっそのこと建て替えたらいいのでは、とは思いませんか。なんせ、築50年の「物件」ですからね。それこそ、神戸の震災のように、復興の象徴となるような立派なホールでも作れるようになれば、それはそれで素晴らしいことなのでは、と思います。
 ですから、私あたりも、震災によって被った被害を、務めて良い意味に受け取るようにしています。足の踏み場もなくなった家を片づけるのは、もう殆ど大掃除のノリで取り組むしかありません。この機会に、長いことしまいこんであって到底使うことのないものはすべて潔く捨ててしまいましょう。私の場合は、ビデオテープがそれにあたります。BSの音楽番組を手当たり次第に録画していたら、VHSが何百本という単位で集まってしまいました。そんなもの、これから何年経っても絶対見るわけはありませんから、それを捨ててしまうにはいい機会です。仙台市の「中」のごみ袋で、10袋ぐらいにはなったでしょうか、これで少しは収納スペースが広がります。
 もう一つ、絶対に使わないものが、アナログのBSチューナーです。地デジ化と同時に、BSもデジタルだけになってしまいますから、こんなものはただのゴミにすぎません。もちろん、今ではアナログチューナー付きのレコーダーがそもそもありませんからね。それを処分して、今までいろんな機材を接続しては取り替えてきたAV関係の配線を見なおしてみたら、使わなくなっていたケーブルが山ほど出てきましたよ。このあたりも、地震でもなかったらずっとしまいこんでいたものです。しかも、VHSのデッキの配線がどうなっていたのか分からなくなっていたものも、きちんとつないですぐ見れるようになりましたよ。本当に厳選したVHS(「ステージ101再結成コンサート」とか)を、これで楽しむことが出来ます。
 そんなことをやっていたら、私の部屋の復旧作業はしだいにはかどります。こちらが、9日前、13日の様子です。
c0039487_2131977.jpg

 これが今日までの成果、あと一息です。なんだか、時間がかかりそうだった都市ガスの復旧も、かなり早まりそうですし。
c0039487_2133284.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-03-22 21:03 | 禁断 | Comments(0)