おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
買い出し
 ニューフィルの定期演奏会が中止と決定したので、それに伴う事務処理を行っているところです。というのも、いつもの通り、演奏会の企画書を作って各メディアに発送したり、刷り上がったばかりのポスターとチラシをホールや市民センターにすでに配ってあったものですから、そういうところに「中止になりました」という連絡をする必要があったのですね。チラシ配りなどは地震の前の日、10日の午後にまとめて行ってしまってありましたから。あと1日遅かったら、そんな手間はかからなかったのに、と思うと同時に、もしかしたら配っている間にあの地震に遭っていたかもしれないので、難を逃れたのかもしれない、など、気持ちは複雑です。
 ただ、実際に電話をかけたりしていると、そんな必要もなかったのかも、というようなケースもありました。メディアにしてもホールにしても、やはり被害に遭っていてそれどころではないのですね。送ったものもどこに行ってしまったのか分からない、というようなところもありましたしね。ですから、最終的にはとりあえずFAXを送って、伝えることだけは伝える、ということにしました。自宅にはFAXはないので、きのう職場に行ってそんな作業を行います。もちろん、歩いていったので、ついでに北仙台駅前に行ってみて、まず「ツタヤ」で雑誌の入荷状況を見てみます。店員さんにきいてみると、新しいものはもちろん入っていなくて、おそらく入荷が復旧した時点での最新のものしか入ってこないのでは、ということでした。週刊誌だったら、2号か3号分ぐらいは、結局読めなくなってしまうのでしょうね。
 それから「ミスド」の前に行ってみたら、なんだかお店は開いていて、その前に軽く列が出来ていましたね。どうやら、きのうからの3日間だけ11品目だけですが一人10個までは買えるということのようなので、買って帰りましょう。こんなところまで通常に近い営業が始まっているのはうれしいことですね。
 それから自宅まで、バス通りをひたすら歩きます。途中にある八百屋さんや肉屋さんにも、なんだか普通に商品が並ぶようになっていましたね。と、いきなり「○○さん!」と私のことを呼ぶ声が聴こえました。一瞬耳を疑ってしまいまいましたが、それは、自転車に乗ってやってきた合唱関係の仲間、Sさんでした。そういえば、ご近所の人以外の知り合い、オケや合唱関係者には、メールや電話などで連絡はとっていましたが、実際に顔を合わせるのは初めてのことでした。なんか、とっても懐かしい感じでしたね。練習会場で彼らと一緒になれる日はいつのことなのでしょう。ニューフィルは、しばらくは会場も使えないので練習もありません。正直、練習どころではありませんがね。
 午後には、すぐ近くにあるヨークベニマルに行ってみました。朝の開店前は長蛇の列だったのに、この時間はすぐ入れるようになっていましたね。中に入ってみると、なんとお米が山積みになっています。水も6本入りの箱が潤沢に並べてあります。鮮魚や肉類も、普通にショーケースに並んでいました。野菜だってなんでもありました。ですから、早朝から並ばなければ手に入らないのは、それこそカセットボンベぐらいのものなのではないでしょうか。そのガスにしても、具体的に作業日程が示されてきましたから、見通しが立つようになっていますしね。
 そういえば、このあたりではガソリンスタンドの前に列が出来ることもなくなりました。これも、いずれ確実に入手できるといいう情報が伝わってきたために、みんな冷静になれているからなのでしょう。実際、すぐそばのスタンドには、タンクローリーがやってきていましたし。
c0039487_217719.jpg

 でも、いまだにかなり強い余震が続いているのは不気味ですね。それよりも、震度4を超えるとエレベーターが止まってしまうのには困ってしまいます。もし、乗っているときに余震が来たら、と思うと、ちょっと怖くて使えません。
 記録のつもりで、しばらく「禁断」のバックナンバーをしまわないでおきましたが、元に戻しました。でも、最近の「禁断」はほとんどブログにもコピーしてますので、必要な方はそちらまで。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-03-24 21:07 | 禁断 | Comments(0)