おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ガスが来た!
 まだまだだと思っていたガスの復旧が、実にあっけなく終わってしまいました。ガス局のHPで翌日の再開地域の一覧が出るのですが、自宅のエリアは順調に西側から進んでいたな、と思っていたら、ある時からバッタリ進捗が止まってしまっていたのですよ。すぐ隣まで来てたのに、いつの間にか反対側に行ってたりして。だから、もういい加減腹をくくって、思い切り最後になるのだな、と思っていました。だから、前回のようなことを書いたのですが、実はその日のHPに、うちの地域が載っていたのですよ。
 そうなると、ちょっと困ったことが起こりました。ガス局の人が来た時には、かならず立ち会わないことにはガスを開けてはもらえないのですね。ただ、何時頃に来るか、までは教えられていないので、1日中待っていなければならないのですよね。なにか用事があって出かけている間に来たりすると、その家だけは飛ばされてしまうのですね。だから、たとえば愚妻がトイレにいるときに来たりすると、アウトなんですね(いや、実際はそうではなく、留守の家には何回か時間をずらしてきていましたが)。ですから、私も、とりあえず待機していなければならないのです。しかも、、その地域には「○○2丁目の一部」とあるので、必ずしもその日に来るとは限りません。無駄に1日待っているかもしれないのですね。
 でも、まあベストを尽くそうと、まず朝早く職場へ行ってタイヤを交換しておきます。スタットレスは燃費が悪いですからね。それから、おそらくガス局が仕事を始める時間までには帰っていようという予定です。タイヤも無事交換、これでリッター3キロは増えるな、と自宅へ向かっていると、前の方で大きなバスがパチンコ屋の駐車場に入ろうとしていました。それも2台。別に七夕でもないのに、観光バスとは、と思って見てみると、そこには作業服姿の人がいっぱい乗っていました。そうか、こうやって、バスをチャーターして作業の人を運んでいたのですね。ということは、やはり間違いなくこのあたりでの作業が始まるのでしょう。
 それから1時間もしないうちに、その人はやってきました。「広島ガス」の職員の人です。それはもうテキパキと圧力を測ったりして、その場でガスが使えるようになりました。あんまりあっさりしていたので、気が抜けてしまうほどです。ガスコンロは使えるようになりましたし、待望の温水も出るようになりました。夜はなんと25日ぶりのお風呂です。そんなに長い間お風呂に入っていなかったなんて、おそらく私の生涯でも初めてのことではなかったでしょうか。もうすっかりお風呂の入り方なんか忘れてしまっているのでは、と思っていましたが、なんの問題もなく入れましたよ。
 次の日(つまり今日)は、まだしばらくはガスが来ないはずの実家にいる母を、自宅に連れてきてお風呂に入れてあげました。なんたって、地震の日には泊めてもらいましたし、食料を分けてもらったり、そして大活躍してくれた電気ポットを貸してくれたのですから、このぐらいはしてあげないと。こちらには「大阪ガス」の人が来てたので、てっきりすぐガスが来るのかと喜んだのに、その人たちは単に点検に来ただけで、再開はもっと先になると聞いてがっかりしてましたしね。
 お向かいのガソリンスタンドも、すっかり平常モード、待ってる車の列なんかありません。
c0039487_20584953.jpg

 そのうち、タンクローリーがやって来て補給していましたから、もうガソリンも大丈夫でしょう。
c0039487_2059358.jpg

 これで、まず必要なものは充分に手に入るようになりました。そんなタイミングで、ニューフィルもそろそろ動きだしたようですね。週末は、パリンカ、ニューフィル、そして町内会の予定が入って、なんか先に進んで行けそうです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-04-05 20:59 | 禁断 | Comments(0)