おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
なくし物
 今朝、職場に行ってみたら、「夜中に塀が倒れた」と大騒ぎしていました。なんでも、ゆうべの10時ごろに、すぐそばの家の人から連絡があったので見てみたら、山門の脇の塀がすっかり倒壊していたというのです。確かに、地震の時にかなり傾いていて、今にも倒れそうだったのですが(上の写真の矢印部分)、その後の大余震にも耐えてしっかり立ってはいました。しかし、このところの小刻みな地震で、徐々に弱くなっていったものが、ついにちょっとした一撃で倒れてしまったのでしょうね。大雨も降りましたし。まだまだ震災の傷跡は残っています。
c0039487_21242241.jpg

 きのうの「おやぢ」では、変則的に新しい新譜(変な言い方)ではなく、出たのを見落としてしまったちょっと古めのアイテムを取り上げていました。つまり、このアーティスト(フルートのケネス・スミス)のアルバムはすべて買っていたのに、なぜか引っかからなくて、最新のものに入っていたブックレットの中のリストで、まだ見たことのないアルバムがあったので、あわてて取り寄せたものなのです。そこで、おそらく彼のソロアルバムは全部揃ったはずなので、「おやぢ」をアップした後でディスコグラフィーを更新して、「おやぢ」の最後に一言付け加えたのですよね。多分、これで全アルバムを網羅したはずなのですが、漏れがあったらぜひご教授ください。
 半分は前から出来ていたもので、そのあとに新しいレーベルのものを付け加えたという形で、前半はちょっとレイアウトを変えただけで内容はそのままです。しかし、今回念のためにと現物と照合してみると、ジャケットなどをスキャンしたので確かに手元にあったはずのCDが2枚なくなっています。フルート関係のCDは全部職場に置いてあるので、震災の影響はほとんど受けていませんから、棚から飛び出してごちゃごちゃになったはずはなく、その近辺には必ずあるはずのものなのですが、それが見当たらないのですね。それは、1990年に出たファースト・アルバムと、DGのモーツァルトのコンチェルト、これはもう廃盤になっていましたね。もしかしたら、誰かに貸してあげて、そのままになっているのかもしれません。もはや、誰に貸したかも覚えていないくらいですから、確信は持てないのですが、もし心当たりの方がいたら、ぜひ返却をお願いしますね。いまさらですが。
 このケネス・スミスという人は、長くロンドンのオーケストラの首席奏者を務めていた人でした。ちょっと前まではこのオーケストラでは管楽器の首席奏者は一人しかいなくて、ということはすべてのコンサートに出演しなければならないという、超ハードな生活を送っていたのですね。普通はプロのオーケストラであれば首席奏者が2人いて、交代で休めるようになっていますから、これは本当に大変な「仕事」だったのでしょう。そんな彼も、今ではオーケストラを引退しています。最新の彼のプロフィールを読むと、「多忙なオーケストラから"escape"して」老後を送っている、みたいな書き方をされていましたね。ほんと、それだけで、いかに過酷な生活だったかをうかがい知ることが出来ます。
 アマチュアだったら、2週間連続で本番なんかあったら、かなり大変でしょうね。12月の頭には、ニューフィルはそんな思いをしなければなりません。ただ、私の場合は、どうやら最初の週は別の予定が入ってしまいそう。それも「本番」には違いないのですが、全く別の種類のものですから、少しはマシでしょう。
 そういえば、そちらの関係の、例のソッチーさんは、「転勤」になってしまい、故郷のイギリスへ帰ってしまうのだそうです。せっかく仲良くなれたのに、残念です。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-07-01 21:24 | 禁断 | Comments(0)