おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
SCHNITTKE/Symphony No.8 etc.




Lü Jia/
Norrköping Symphony Orchestra
BIS/CD-1217



80年代から進行していたBISによるシュニトケ全集、20巻目にあたる交響曲6、7番を最後にしばらくリリースがなかったので、てっきりそれで完結していたと思っていたら、久しぶりに21巻が登場です。この全集、ジャケットのデザインがアルフレート・シュニトケの頭文字「AS」を音名で表すという、ユニークなものでした。そもそも、このシリーズのロゴマークがその「A」つまり「ラ」と「S」つまり「Es=ミ・フラット」をかたどった(下のジャケットの右上)、あまりセンスの良くないものなのですが、ジャケット自体も、音符と五線紙を黒字に赤や緑の原色を使って配するという、ちょっと安っぽいものだったのです。

それが、今度のアルバムでは、見違えるようにあか抜けたデザインに生まれ変わっていて、いかにも「新生」シュニトケ全集という感じがひしひしと伝わってきます。
シュニトケという人も、様々な作風の変遷をたどった作曲家ですが、この生涯の終わりに近い時期の作品では、かつて見られたこれ見よがしなジャズなど他ジャンルとの「融合」は影を潜めているかのように見えます。しかし、「交響的前奏曲」(1993)の冒頭で朗々と鳴り響くなんの変哲もない、ただカッコいいだけの金管楽器のコラールが、次の瞬間にはへんてこな打楽器にサポートされてなにやらエスニックな雰囲気を漂わせるのを聴いてしまうと、やはりこの人は変わっていないことを認識させられてしまいます。そのコラールが、何回か繰り返されていくうちに次第に「壊れて」行くのも、聞き物でしょう。
5楽章構成の「交響曲第8番」(1994)では、最初の楽章が人を食っています。テーマは8分の6拍子で8小節という恐ろしくきっちりしたものなのですが、まずホルンのソロでとんでもない跳躍を含んだ形に変形されたものが提示され、そのあと延々と同じテーマが少しずつ形を変えて繰り返されるという、現代版「パッサカリア」あるいは「ボレロ」といった世界が展開されます(もしかしたら、「ミニマル」と言うべきなのかもしれません)。2楽章と4楽章はセリエルっぽいアレグロ、そして、それらに挟まれた形の第3楽章には、まるでショスタコーヴィチを思わせるような長大で深みのあるレントが横たわります。最後、ほんの1分足らずの「楽章」は、ロングトーンを細かい音程で重ねていくという「クラスター」、20世紀の末期にこの技法を使うことは、郷愁以外のなにものでもないことが実感されることでしょう。
「リバプールのために」(1994)は、そのタイトル通り、ロイヤル・リバプール・フィルからの委嘱作品。まるで映画音楽のようなある意味開き直ったサウンドは、この作曲家のたどり着いた境地なのか、あるいは次のステップのための助走なのかは、この4年後に亡くなる時点でも明らかではなかったことでしょう。
ノールショピング響は、上海出身の首席指揮者ジャ・リューの許で、この楽天的なスコアを見事に音にしています。まるで、屈託のない商業施設(ショッピング・モール?)のよう、そこからは、斜に構えたアイロニーのようなものは、ほとんど感じ取ることは出来ません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2005-05-01 19:53 | 現代音楽 | Comments(0)