おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
A CAPELLA
c0039487_22343337.jpg




The Singers Unlimited
MPS/UCCU-6087




「シンガーズ・アンリミテッド」1971年のセカンド・アルバム「ア・カペラ」は、ことあるごとにCD化されていますが、その最新盤が、素材にこだわったSHM-CD、さらにルビジウム・クロック・カッティングという最新技術が駆使されているという謳い文句でリリースされました。最近のマスタリングはまさに日進月歩ですから、昔買ったCDと比べるとどの程度「進歩」しているのか確かめるために、これは聴いてみなければ。なんたって、このアルバムはLPで出たものは耳にタコが出来るほど聴いているという、ある意味「標準サンプル」ですから、聴き比べにはもってこいです。
昔の話ですが、CDが最初に発売された1982年に、たしかポリグラムからの輸入盤の第1回目のラインナップに入っていたのが、このアルバムだったはずです。それだけ、オーディオ的に評価されていたのですね。というか、その頃はまだCDが広まるかどうかなど全く分からない状態だったのですが、このアルバムがCDになるのなら、将来は明るいな、と思った記憶があります。そこで、まだまわりでは誰も持っていなかったCDプレーヤーを、いち早く「のだや」で買ったのだ。その足で「ヤマハ」に行って、最初に買ったCDがこれでした。確か、値段は3800円だったような気がします。同じ輸入盤でも、クラシックは4200円だったんですよね。
c0039487_22372894.jpg
(815 671-2)

ジャケットも、CD独自のデザインを模索していたのでしょう、LPのジャケットを忠実に縮小した今回のユニバーサル盤とは微妙に異なっていますね。
実はその後、1997年に、オリジナル・アルバムのプロデューサー、ハンス・ゲオルク・ブルンナー・シュヴェアのマスタリングによって、「クリスマス」というタイトルを除く彼らのアルバム全14枚を7枚のCDに収めたボックスがリリースされています。
c0039487_224041.jpg
(539 130-2)

豪華ブックレットには、LPのジャケットが全て掲載されています。
そして、今回のユニバーサル盤となるわけです。ただ、ここにはマスタリングに関するクレジットはなにもありません。いくらなんでも、最初のポリグラムのマスターと同じものではなく、ある時期にそれなりのテクノロジーを使って新しくマスタリングされたものなのでしょう。
というわけで、お待ちかね、この3種類のCDの聴き比べです。予想通り、これらは全く異なる音でした。ポリグラム盤は、まずレベル(「音圧」ですね)がかなり低めなのは、まだ創生期でマスタリングのノウハウが確立されていない時期だったせいなのでしょう。とにかく単にA/D変換を行っただけという感じで、かなり鋭い音、本当は溶け合っていて欲しい実際の声と残響成分が完全に分離して聴こえてしまいます。買った当時は「さすがCD」という気がしたものですが、今聴き直すとかなり雑な音に感じられます。
ボックスは、今のCDと同じ程度のレベルなのですが、悪い意味でのマスタリングの弊害がもろに出ています。おそらくリミッターをかけているのでしょう、1曲目「Both Sides Now」の途中で編成が大きくなるところで、急にレベルが下がっています。音も全体的に平板で、なんとも「守り」に走ってしまっているという感じがしてなりません(言ってみれば、杉本一家さんあたりのマスタリングが「攻め」なのでしょう)。
結果的には、今回のユニバーサル盤が、3つの中では最も成功したマスタリングなのではないでしょうか。かなりLPに近い瑞々しさが再現されていますし、何よりもメンバー一人一人が立体的に浮き上がって聴こえてくるのは見事です。5曲目の「Michelle」は、LPではA面の最後だったので、後半に出てくるドン・シェルトンのソロが内周歪みでひどい音だった記憶があるのですが、このCDを聴いて初めて彼の声の素晴らしさを体験できました。
とは言っても、やはりLPの最外周の音に比べると、まだまだ不満は残ります。それはCDの限界、全15枚のアルバムがSACD化される日を、首を長くして待ちたいところです。ESOTERICあたりで、やりませんか?

CD Artwork © Universal Classics & Jazz Germany
[PR]
by jurassic_oyaji | 2011-09-22 22:40 | 合唱 | Comments(2)
Commented by ソッチーホワイトレス at 2011-09-24 07:06 x
お久しぶりです!
クラシックから今回のアルバムのようなジャンルまでいつも楽しく読ませて頂いております。私も20年くらい前にこのCD買いました。 久しぶりに聴いてみようかと思います。
それと、禁断を読みましたが……
Commented by jurassic_oyaji at 2011-09-24 09:04
驚いたことでしょうが、ソッチーさんのいない○リンカなんて・・・
というわけではありませんが、正直歌うのが楽しくなくなってしまったものですから。
これからは、「聴く」ことに専念です。