おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
The Greatest Hits
c0039487_2382082.jpg


James Galway(Fl)
Charles Gerhardt/
National Philharmonic Orchestra
SONY/SICC 30109




1991年に、まだ「BMGビクター」と言っていたRCAの国内販売元からリリースされていたゴールウェイの初期のアルバムからのコンピレーションは、「SONY BMG」時代の2007年にこのジャケットで再発されていますが、それがソニーご自慢の「BSCD2」という、なんだかいかにも音のよさそうなCDとなって再々発されました。しかも、「24bit/192kHz Remastering」などという、これ以上はないというリマスタリングが施されているというのですから、これは実際に聴いてみて、最近のリマスタリングの技術がどこまですごいものになっているのか、確かめなければいけません。それを、さんざん聴きなれたゴールウェイの録音で確かめられるというのも、ひとえにSONYBMGを吸収してくれたおかげです。
1991年のBMG盤には録音データが全く記載されていませんでしたが、今回はそれが詳細にインレイに表記されています。ところが、どのトラックがいつ録音されたものなのかとデータと曲目を照らし合わせていくと、データにある「16番」が見当たりません。逆に、「17番」のデータがどこにもありません。つまり、曲目の番号のミスプリントだったんですね。デタラメだらけのNAXOSの帯データならわかりますが、こんな初歩的な校正ミスを、天下のSONYが犯すとは。
c0039487_2395997.jpg

気を取り直して、データの確認です。ここでは、ゴールウェイが1970年代にRCAから出した最初の3枚のオムニバス・アルバムから編集されています。1975年に録音された「Showpieces for Flute」(のちに「Man with the Golden Flute」とタイトルが変わります)から7曲、1976年に録音された「The Magic Flute」から6曲、そして、1978年に録音された「Songs for Annie」から2曲です。プロデューサーは前の2作はジョージ・コルンゴルト、最後のはラルフ・メイスです。ただ、ゴールウェイの自伝では、コルンゴルトではなく、指揮をしているチャールズ・ゲルハルトがプロデューサーとなっていますし、ラルフ・メイスに替わった経緯も詳細に述べられていましたね。エンジニアも、クレジットでは前2作はコリン・ムーアフットになっていますが、自伝では全部ケネス・ウィルキンソンだったような書き方ですし、本当はどうだったのでしょう。
もう一つ、わけのわからないことがあります。さっきの曲目を全部加えると、「15曲」にしかならないことに、すでにお気づきだと思いますがその最後の1曲が、データ上はなんとも不思議なことになっているのです。それはドビュッシーの「シランクス」。録音年月を見ると、1984年から1985年となっていて、確かにこの時期にはドビュッシーのソナタなどが収録されている「Clair de Lune」というアルバムが録音されており、その中には「シランクス」も入っているのです。しかし、この時期にはプロデューサーはさっきのメイスに替わっていて、エンジニアもこのドビュッシー・アルバムのクレジットではマイク・ロスであるにもかかわらず、今回のデータではケネス・ウィルキンソンとなっているのです。つまり、この曲に関してはエンジニアか録音年月かのどちらかが間違っていることになります。
しかも、実際に聴いてみると、この「シランクス」は、ドビュッシー・アルバムに入っているものとは全く別のテイクであることが分かります。演奏時間がほんの少し短くなっていますし、トリルの付け方など、演奏自体が明らかに別物、さらに、録音もこちらはかなりデッドな音で、最初の音を聴いただけで全く別の場所、あるいは別のマイクアレンジであることが分かります。となると、この録音年月日が間違っているのでしょうか。しかし、この乾ききった音は、とてもウィルキンソンの録音とは思えません。いったい、これはなんだったのでしょう。だれか、知らんくす
肝心のBMG盤とSONY盤の聴き比べですが、全く違いは分かりませんでした。それよりも、CDが出たばかりの1982年に日本でプレスされたRCA盤の「Songs for Annie」の方が、はるかに奥行きの感じられる音なのですから、スペックばかりを羅列したリマスタリングがいかにいい加減なものかが分かります。

CD Artwork © Sony Music Entertainment
[PR]
by jurassic_oyaji | 2012-12-11 23:11 | フルート | Comments(0)