おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
DURUFLÉ/Requiem
c0039487_2044981.jpg
Bo Skovhus(Bar), Randi Stene(Sop)
Kristian Krogsøe(Org)
Carsten Seyer-Hansen/
Aarhus Cathedral Choir
Vocal Group Consert Clemens
DANACORD/DACOCD 726




2枚組のこのアルバムは、実はメインは2012年の2月から4月に録音されたデュリュフレのオルガン作品の全集でした。そこに、「おまけ」として、2010年の5月に録音されたオルガン伴奏の「レクイエム」と、無伴奏の「4つのモテット」が入っている、というものです。
録音はデンマークの東部の港町オーフス(オルフス)の大聖堂で行われましたが、演奏者はすべてこの大聖堂の関係者で占められています。オルガンは専属オルガニストのクロウセー(まだ30歳なのに大役を任されて、大変ですね。若いうちは「苦労せえ」)、そして、カントールのセイヤー=ハンセンが指揮をする、大聖堂に縁の深い2つの合唱団です。さらに、「レクイエム」のソリストには、デンマークのビッグ・ネーム、ボー・スコウフスと、ノルウェー出身のランディ・ステーネという豪華な布陣です。
「レクイエム」は、2つの合唱団が合同で歌っています。それぞれ16人編成の団体ですが、恐らく「かけもち」している人もいるでしょうから、まあ20人ちょっとといった感じでしょうか。これはもう、パート内での声がきれいにそろっていてとても気持ちの良いものです。特に、アルトがかなり存在感のある発声で、合唱団全体の音色の重心を低くしてくれています。男声も、パート・ソロを難なくこなすつわものぞろいですし。
バリトン・ソロのスコウフスも、思いっきり存在感を主張していました。安定した伸びのある声に加えて、「Libera me」の中間部のソロでは、びっくりするような演技も見せてくれています。ステーネの「Pie Jesu」も、清楚でいい感じです。
最もインパクトがあったのが、オルガンです。この大聖堂のオルガンは、そもそもは1730年に、シュニットガーの弟子のカステンスというビルダーが作ったものなのですが、その後何度も改修され、特に1927年頃の改修ではフランス風のストップが大幅に加わっています。ですから、その音色はまさにフランスのオルガンらしいとても軽やかで色彩豊かなものです。このオルガンは、おそらくデュリュフレが愛用したサン・テツィエンヌ・デュ・モンの楽器と、かなり近い傾向の音を持っているに違いありません。
そのオルガンのフランス的な趣味を、オルガニストのクロウセーは目いっぱい引き出しているような気がします。「レクイエム」の伴奏では、例えば「Domine Jesu Christe」の後半の「Hostias」というバリトン・ソロが入る直前のフレーズなどは、まるでシンセのような、トレモロのたっぷりかかったストップで攻めてきますし、「Sanctus」の前奏でも右手の三連符のふんわりした4フィート管の音色は素敵です。
作品の異常に少ないデュリュフレですが、そのオーケストレーションのスキルは天才的なものがあることは、例えば1932年に作られた「3つの舞曲」などを聴けば分かります。ただ、1947年に作られた「レクイエム」のオーケストレーションも、まさに熟達の極みではあるのですが、クライマックスの作り方などはなにか平凡な盛り上がりのような気がしないでもありません。こういうオルガンを聴いてしまうと、もしかしたらデュリュフレは最初にオーケストラ版を作った時にも、オルガンの音色をかなり意識していたのでは、と思ってしまいます。事実、その翌年に作られたオルガン版は、結局現在では最もスタンダードなバージョンになっているのですからね。このアルバムに収録されている彼のすべてのオルガン作品を聴くにつけても、その感は高まります。
もう一つの合唱曲「4つのモテット」は、Vocal Group Consert Clemensだけのア・カペラで歌われています。「レクイエム」よりワンラン精度の上がった響きとともに、この大聖堂の豊かな残響もたっぷり味わうことが出来ます。まさに、会場と演奏家とが一体となった、至福のデュリュフレです。

CD Artwork © Danacord
[PR]
by jurassic_oyaji | 2012-12-15 20:06 | 合唱 | Comments(2)
Commented by yuzurinda604 at 2012-12-21 23:15 x
はじめまして!
Vocal Group Consert Clemensの動画です。
http://www.youtube.com/watch?v=FBro1UyPiCw
コメント欄に、This video was recorded Oct. 2009 by the Danish Vocal Group Concert Clemens - winners of grand prix in Randers International Choir Competition 2009の記述。上手いわけです。

Commented by jurassic_oyaji at 2012-12-21 23:45
コメントありがとうございました。
動画のご紹介も、ありがとうございます。