おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Facebookページ
 前回、「FacebookとFacebookページは別物」みたいなことを書きましたが、本当はどんなところが違うのか、実際にFacebookページを運営(そんなたいしたことではありませんが)してみて分かったことなどを、ダラダラと書いてみましょうか。私はそちらの方の専門家でもなんでもありませんから、あくまで私の印象だけですけどね。
 Facebookというのは、基本的に個人対個人のお付き合いになるのでしょうね。せっせと「友達」を作って、その間で情報をやり取りするというのが一般的な使い方でしょうか。友達になっていない人のところには、コメントを書きこんだり「いいね!」は出来ませんね。Facebookページ(名前そのものが紛らわしいのですが、以前は「ファンページ」と言っていたそうです)では、「友達」という概念はなく、Facebookに登録していない人でも制限がかかっていない写真や書き込みは自由に閲覧できます。さらに、Facebookに登録していれば、自由にコメントを書いたりコメントに対する「いいね!」をクリックできます。ここでは「友達」に相当するものは「ファン」と呼ばれ、カバーの下にある「いいね!」をクリックするだけで「ファン」になれます。「友達」のように承認は必要ありません。「ファン」になれば、「友達」と同じように、自分のFacebookのホームのニュースフィードに、ファンになったFacebookページの新しい書き込みがフィードされるようになります。これはあくまで一方通行、自分のFacebookへの書き込みがFacebookページに反映されることはありません。
 Facebookページでは、最初にページを作った人が、まず「管理者」として認定されます。管理者は、私だったら「仙台ニューフィル」の名義で写真を投稿したりコメントを書きこんだりできます。さらに、管理者ならではの特典で、ページのさまざまな情報を入手することが出来ます。例えば、「いいね!」をクリックした人、つまり「ファン」のすべての人が分かります。管理者でない人は、ファンの中の自分の友達しか分からないはずです。それと、こんな風に、
c0039487_22283715.jpg

 それぞれの書き込みに対して、何人がアクセスしたかが分かります。これは、先日アップしたチラシの画像ですが、このアクセス数はページ始まって以来のものになりました。しかも短時間で。いかに、このチラシのインパクトが強かったかということが、如実に表れているのではないでしょうか。例えば、去年の12月6日にアップした「多賀城第9」の告知などは、いまだにアクセスが80人しかありませんからね。
 それで、管理者というのは何も1人だけに限られているわけではありません。普通の団体では複数の管理者がいて、それぞれに情報をアップ出来るようになっているみたいです。ですから、ニューフィルでも、私以外に管理者をやってみたいという方がいれば、ぜひやっていただきたいと思っています。これも管理者の権限で、私がファンの一覧表から、「管理者にする」というボタンをクリックするだけで、簡単にその人を管理者に任命することが出来るのですからね(たぶん)。われこそは、と思う方は、ぜひ私までご一報ください。
 先日お願いしたカバー写真の件は、おかげさまで私が確認しただけで私以外に3人の方にご協力いただけたようです。ありがとうございます。出来ればもっと、まだカバーを作っていない方などにもお願いしたいと思うのですが、やり方は、こちらを右クリックして画像(対象)をPCに保存した後、Facebookのカバーのあたりにある「カバーを追加」→「写真をアップロード」でさっきの画像を選んでダブルクリックすれば、完了するはずですから。トライしてみてください。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-01-25 22:28 | 禁断 | Comments(0)