おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
かいほうげん
 淡路島まで行って帰って来たら、新しい「かいほうげん」を作る仕事が待っていました。まあ、旅行の前に殆どのページはすでにしっかり埋まっていて、あとは最後のページを仕上げるだけだったので、まずは楽勝かな、と思っていましたが、例によって予想もできないトラブルに見舞われることになるのです。
 月曜日には、その最後のページの空白を埋めることになるのですが、なんだか記事が少なすぎます。どんなに頑張ってもページ全体の1/3ぐらいは何も入れるものがありません。いっそ、もっと空いていればチラシの画像なんかを入れることも出来るのですが、それには少なすぎるという中途半端な空間が出来ているのです。そこで、急遽、その前のページにあった新入団員の紹介をそこに持ってくることにしました。そのページには、チラシを2枚ちょっと窮屈な感じで詰め込んでいたので、お互いにメリットがあるという措置です。これで16ページが全部完成、ファイルをまとめてめでたく出来上がりです。
 ですから、火曜日には、午前中に印刷や製本を全部済ませようと思っていました。いつものように、見開きの2ページをまとめて100枚、印刷のスタートです。プリンターは数日前に定期点検に来たばかりですから、なんの問題もありません。いつものように、快調に印刷の終わった用紙を吐き出してくれていました。と、30枚ぐらい刷り上がったところで、異変が起こります。うちのプリンターは、出来たものが裏返しに出てくるのですが、その裏側の紙面に黒い筋が入っているのに気付いたのですよ。両面印刷ですから、これは困ります。あわてて印刷を中止して裏返してみると、それは裏側ではなく、表側の汚れでした。濃い色だったのが裏に透けて見えていたのですね。ですから、実際に調べてみるともっと前の20枚目ぐらいから汚れが始まっています。これは私には直しようがないので、即座にサービスに電話です。この前の機械の時には、こんなことがしょっちゅうありましたから、何度も呼んでいましたが、だいたいすぐ来て直してもらえたので、今からだったら直ってから印刷を再開しても余裕で間にあうはずですからね。
 それから1時間ぐらいで、サービスの人は来てくれました。さっそく中を開けてドラムの点検をしています。かなりトナーの汚れが付いていて、それを掃除しているようでした。しかし、作業が終わってその人が言うには、これはドラムを交換しなければ完治しないのだそうです。ドラムの部品を今発注したけれど、ものが入るのは明日になるのだ、と、恐ろしいことを告げられます。今日使えなければ、間にあわないじゃないですか。どうしてくれるんですか、と言ってみても、現実に部品がないことにはどうしようもありません。仕方がありません。発行は1週間延期ですね。
 でも、ちょっと試しに印刷してみると、なんだか20枚ぐらいだったら何事もなく出来るようでした。それを超えると、徐々に汚れが出てきます。しかし、そこで一旦停めて、また始めると、最初のきれいな状態に戻ります。もしかしたら、これで20枚ずつ繰り返していけば、全部とはいかないまでもとりあえず配る分ぐらいは出来るのではないか、という気がしてきましたよ。それから、ちょっと効率は落ちますがきっかり20枚で一旦終わるようにして印刷をやってみました。ギリギリ必要な60部、つまり、1部は8面の印刷ですから、480回の印刷は、そうやって24回繰り返したら、全く何事もなく出来てしまいました。こうなれば出来るところまでやってみようとそのまま続けて、結局100部全部出来てしまいましたよ。でも、やはりこれだと倍以上の時間がかかりましたね。
c0039487_21453916.jpg

 実際に団員に配るのは80部で十分なのですが、あとの20部は「友の会」の人に送るためのものです。ですからその翌日、水曜日には、予定通りそれを封筒に詰めて、友の会の皆さんにも全部発送することが出来ました。チラシやポスターは配ったし、今回はプレイガイド回りもないし、これで演奏会に関する私の仕事は全部完了・・・だと思っていたら、もう一つ、重要なことを頼まれてしまいましたよ。まあ、それはまだ先の話なので、のんびりやりましょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-03-01 21:46 | 禁断 | Comments(0)