おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
新しいカートリッジ
 最近はLPというか、レコードというか、あるいはヴァイナルというか、そういった名前の録音媒体が、人気を取り戻しています。あの、直径30㎝の円盤に溝が刻んであって、そこに針をあてて音声信号を読み出すという、今のCDの前に隆盛を極めたメディアですよね。それは、CDの出現によって、ほんの10年ぐらいの間に完全にこの世から姿を消してしまいました。なんと言っても、使いやすさの点ではCDには全く勝ち目がありませんからね。
 それが、このところ見直されてきて、ごく普通に新しい「LP」が店頭に並んでいたりします。なによりもすごいのは、あの「ビートルズ」の全アルバムが新しくLPで発売されたりしているのですからね。これは、別に懐古趣味とかそういったものではなく、これまでのCDの音に満足できない人が増えてきたためなのです。つまり、出来た当時はそれまでのアナログ録音よりもすぐれたものだと思われていたデジタル録音が、実はそんなにいい音ではなかったことに、人々が気付き始めたのですね。正確には、CDの規格のデジタル録音では、ということなのですがね。
 その結果、現在では録音の現場ではCDよりも解像度の高いデジタル録音(ハイレゾ)が当たり前になり、それと同時に、見捨てたはずのアナログ録音が見直されてくることになりました。つまり、今のオーディオ界では、CDに物足りなくなった人たちが目指したのが、SACDやハイレゾデータといったデジタルの進化したものと、昔ながらのLPという、まったく反対を向いた2つのものだという、不思議なことが起こっているのです。ハイエンド・オーディオの一つの雄、ノルウェーの「2L」というレーベルでは、早い時期からSACDはもちろん、ハイレゾデータをブルーレイ・ディスクに収録したパッケージを出していましたし、同時に、最近では同じ音源をLPでもリリースするようになっています。
 かく言う私も、それまでLPのノイズにはさんざん悩まされてきましたから、CDが出た時には間違いなくLPを超えるものだと思い、持っていたLPを殆ど全部処分してしまったほどです。しかし、長年CDを聴いてくると、だんだんその音に物足りなさを感じるようになってきます。昔LPで聴いたものをCDで聴いても、何かが足らないような気になって来たのですね。ですから、SACDがある程度普及してくると、それを積極的に聴くようになりました。そんな時に、「新しい」LPが数枚、BOXでそんなに高くなく出たので買ってみて、聴いてみたら驚きです。それはSACDでも満足のいかなかったところを、軽々とクリアしてくれていたのですからね。それからは、意識してLPを買うようになりました。
 一番新しく買ったのが、オペラのLPでした。それまでは人の声の入ったものはあまりなかったのですが、これを聴いてみると、いつものようにとてもCDでは聴くことのできない生々しい音がオーケストラの部分では充分に楽しめるのですが、歌がなんだか歪みっぽいのですよね。それでも、CDよりははるかに存在感のある音ですから、まあ、この程度の不安定なところがLPなのかな、と思う反面、もしかしたら、もう針がかなり摩耗しているのではないか、という気にもなってきました。
 今使っているカートリッジは、DENONのDL-301という、MC型です。実は、これが2代目、まず、DL-103という有名なカートリッジを買ったのですが、あまりに音がおとなしすぎるので、その頃出たばかりのDL-301にしてみたら気に入ってしまい、だいぶくたびれるまで使って今のものに新しくしたのです。MCの場合、「針交換」と称して、新品よりほんの少し安い価格で新しいものに交換してくれるのですが、やはり、今まで使ったものも手元に置いておきたいので、新しいのを買いました。それも結構使った頃に、CDが現れて、それ以来使っていなかったものを、また今になって使い始めた、というわけ、間違いなく針は摩耗しているはずです。
 そう思うと、すぐに結果を知りたくなりますから、さっそくヨドバシに行ってみると、すでにこの製品は製造が終わっていて、型番がDL-301IIとなっていました。「マーク2」ですね。
c0039487_21132391.jpg

 奥がDL-301、手前がDL301IIです。久しぶりに、ピンセットを使ってリード線をつなぐ、なんてことをやってみましたよ。
 やはり、かなり摩耗が進んでいたようで、カートリッジを交換したら今までちょっと不安定だったところがきれいになくなってしまいました。人の声は全くひずみがなくなり、オケの音はさらに深みを増しています。もうこうなると、ハイレゾなんて目じゃなくなってきますね。試しに、「Abbey Road」をかけてみたら、B面の頭のギターの音が、今まで聴いたことのなかったようなゾクゾクする音になっていました。続けてリマスターCDをかけてみたら、あまりの平板な音に完全に失望です。CDって、これほどまでにひどい音だったんですね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-04-04 21:14 | 禁断 | Comments(0)