おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
萩ホールの駐車場
 ニューフィルの定期演奏会も終わって、今度は本格的に合唱モードに入らなければいけないのですが、なにしろ今度の火曜日にはシベリウスの初見大会が待っていますから、その準備もしなければいけません。何回かさらってみましたが、高音がやたら多いのが大変です。指がもつれてしまわないようにしっかり練習をしておかなければ。
 でも、きのうはその合唱の練習日だったので、これには出ておかなければ。こちらももう本番まで2カ月を切ってしまったというのに、いまだに歌えないところがたくさんあるのですから、もうこれからは1回だって休むわけにはいきません。ほぼ1カ月ぶりに行ってみたら、さすがにみんなかなり歌えるようになっていましたから、追いつかないことには。
 でも、私にはかなり進歩したように思えても、指揮者などはまだまだ練習が必要だと思っているみたいですね。今までは最初の30分は発声練習にあてていたものが、それをなくしてすぐ曲の練習に入りましたし、なんでも次回からは終了時間を30分延長するのだそうです。うーん、確かに焦る気持ちは分かりますが、時間を延ばすだけではなく、もっと効率的な練習方法も必要な気がします。男声の場合私が出ている時には一度もパート練習をやっていなかったようですが、この段階できっちりパート練習をやっておくことがぜひ必要だとおもうのですがね。正直、これだけの人数がいるところで、全体練習だけをやっているというのは、私は不安でしょうがありません。まっ、そんなことは私が考えなくても、指揮者やパートリーダーはとっくに承知しているのでしょうが。
 そんな大変な週末が終わって、職場に行ってみると、演奏会に来てくれた社長から、ちょっと困った話を聞いてしまいました。車で行ったら、駐車場がいっぱいで停められなかったというのですね。毎回演奏会には来てくれる人たちで、もちろん萩ホールにも何度も車で来ていましたから、駐車場の事情はよく分かっていて、開場の30分前に行ってみたそうなのです。そうしたら、その時点で駐車場の入口には何台かの車がいて、案内の人に「一杯です」と言われてしまったのだそうです。どうやら、いつもはホールの前の広場の周りにある通路に誘導していたものが、おとといは学生が花見のために広場を占拠していて、車を入れることが出来なかったようなのですね。確かに、あの時撮った写真を見ると、通路には自転車などが置いてありますね。
c0039487_21363413.jpg

 開場時間になっても、まだ明るいですから、学生たちはそこにいたのでしょう。あるいは夜桜見物でしょうか。もちろん、そういう時には坂を下りたところにある有料駐車場を使うことになるのでしょうが、85歳の母親にその坂道を登らせるのはあまりにも酷なこと、社長はタクシーが拾えそうな街中の駐車場まで行って、そこからタクシーで萩ホールまで行ったんですって。
 このホールの駐車場に関しては、今までにもいろんな場面でいやな思いさせられてきましたが、現実に前の広場をきちんと開放していたこともあったのですから、そこが使えないのであればそれなりの注意喚起を主催者に対して行うべきなのではないでしょうかね。それが団員に周知出来ていれば、今回のうちの社長のような悲劇は起こらなかったはずです。
 チケットを送った人で、利府町あたりから車で来て、いつもすぐ電話で感想などを伝えてくれる人がいますが、まだ何の連絡もありません。もしかしたら、結局車を置くことが出来なくて、そのまま帰ってしまったのかもしれませんね。今回の入場者数はやはり県民会館よりは大幅に少なくなってしまいました。もはや「萩ホールは交通の便が悪いので、集客は見込めない」という噂は、市民の間には完全に定着してしまったのでしょう。今回のような事態が続く限り、このホールに未来はありません。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-04-22 21:36 | 禁断 | Comments(0)