おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
アンコール!!
 先週も見たばかりなのに、また今週も映画を見に行ってしまいました。きのうは愚妻が富沢市民センターで練習だったので、それに送って行ったあと、家へ帰っても何もしないでまたやって来なければいけませんから、途中のMOVIX仙台で時間をつぶすという、いつものコースです。見たのは「モンスターズ・ユニバーシティ」、前作が結構楽しめたので、こちらも期待できそうでしたから。本当は字幕版を見たかったのですが、ちょうどいい時間がなかったので、吹き替え版になってしまいました。こちらだと、お子様連れが大半を占めていて、しかも初日ですから、私が開映1時間前にチケットを買った時にはすでに残席は20枚ぐらいしかありませんでした。さいわい、私は「一人で」行ったので、後のセンターがぽっかり空いていてそこがゲットできましたよ。始まった時には、確かに284人収容のホールが満席だったようですね。でも、家族連れは本当に行儀が悪いったらありません。隣に座っていたおばちゃんなどは、「お茶の間」でテレビを見ているノリで普通に私語を交わしていますからうるさいのなんの。
c0039487_23321580.jpg

 映画は、はっきり言って期待外れでした。ピクサーの場合、本当に面白いものもある代わりに、今回のようにとことんつまらないものと、落差が激しいようです。もちろん、メカニカルな面ではとてもエキサイティングなのですが、プロットがあまりにありきたり、「キャリー」のパロディが出てきたのには、悲しくなってしまいましたよ。ただ、最後の最後、エンドロールが終わった後に「オチ」があったので、少しは救われたでしょうか。
 実は、これを見終わってから、同じところで「アンコール!!」もやっていたのを発見、調べた時には全く気が付かなかったのですが、始まるのもほぼ同じ時間でした。こっちを見ていればよかったと、後悔しきりです。
c0039487_23323119.jpg

 ところが、今日になったら突然夕方の時間が空いてしまいました。そうなれば、リベンジでもう1回長町まで行ってやろうじゃないですか。何度も書いてますが、私の場合、いつでも1000円で見られますからね。さらに、ここのポイントがもうすぐ終わってしまうという情報もありますから、せっかく貯めたポイントを無駄にしないためにも、行ける時に行っておかないと。
 しかし、ほぼ同じ時間帯に行ったというのに、きのうと比べるとチケット売り場の混雑ぶりは全然違います。というか、私の前には1組しかいませんでしたよ。きのうは延々と列が出来ていたというのに。やはり、土曜日は封切が多いからなのでしょうか。映画そのものの、きのうのに比べたら地味な作品ですから、お客さんは私を含めて14人しかいませんでした。
 見たいと思ったのは、予告で「老人の合唱団に、偏屈なおじいさんが参加する」と言っていたからです。合唱の映画というのはなかなか珍しいですから、なにはともあれ見てみたいと。ところで、「アンコール!!」というのは邦題で、原題は「Song for Marion」。マリオンというのがその偏屈な爺さんの奥さん、その人が合唱団に入っているのですが、体が弱いので、毎回おじいさんが送り迎えをしているという、とても他人とは思えないような設定です。結局、奥さんはガンで亡くなってしまうのですが、その意志を受け継いで爺さんは合唱団に入り、さるコンクールで奥さんのための歌をソロで歌う、というのがメインのプロットです。だから、素直に「マリオンに捧げし歌」みたいに訳せばよかったものを。
 そのシーンだけでなく、あらゆるところで細かいツボが満載、そのたびに号泣していたら、もう顔じゅうがしょっぱくなってしまいましたよ。合唱の設定なんかほんとにいい加減なんですが、逆に伝えたいことがストレートに伝わってくるという、これは映画の力ですね。でも、爺さんの合唱団は本当に上手でしたよ。画面がとても美しかったのは、まだフィルムを使って撮っていたからなのでしょう。
 主人公の爺さん役のテレンス・スタンプは、半世紀前の「コレクター」という名作で、女性を「コレクト」する不思議な役を演じていた人。ここでは、なかなか素直になれない年寄りを、見事に「変えて」見せてくれます。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-07-07 23:33 | 禁断 | Comments(0)