おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
鐘楼工事
 昨日のことです。鐘楼の建築のための下準備を、細々とやっていたのは知っていましたが、いきなり大量の足場の部材が運び込まれました。
c0039487_23535854.jpg

 その前に行っていた作業は、こんな風に土台の石を加工することでした。長いネジが伸びています。
c0039487_23541798.jpg

 完成した足場です。
c0039487_2355228.jpg

 そして今日になったら、大型クレーン車や、鐘楼の部品を積んだ車がたくさんやってきました。
c0039487_23553129.jpg

 もうすでに全ての部品が別のところで作られていました。あとは、これを組み立てるだけです。
c0039487_23565737.jpg

 でも、実際に土台の寸法などを測ったあと、微調整が行われているみたいでした。
c0039487_235711100.jpg

 ちょっと目を離している隙に、もう、こんな柱の部分が組み上がっていました。足場の中で組み立てるのではなく、このように外で組み立てておいて、
c0039487_2357246.jpg

 それをクレーンで持ち上げて、足場の中まで運び、
c0039487_23573827.jpg

 本来の位置に固定します。
c0039487_23575070.jpg

 棟梁が、それぞれの柱の中に手を入れて何やら行っています。
c0039487_235899.jpg

 これが、土台から伸びていたネジの端っこ。このように、柱の中でしっかりナットで固定されていますから、これだったら今度地震が来ても大丈夫でしょう。
c0039487_23582360.jpg

 そのあとは、柱と屋根の間に装飾の部品が入れられます。
c0039487_23584557.jpg

 職人さんが「上がって写真を撮らいん」と言うので、足場を昇って上から撮ってみました。ほんとにピッタリ穴の中に収まるのですね。
c0039487_2359418.jpg

 そして、いよいよ本体の鐘を吊るす作業が始まります。ところが、この写真を撮った後、カメラが全く反応しなくなりました。そのうちに「バッテリー切れ」の表示が出てしまいましたよ。確かに、いくらか少なめだとは思っていたのですが、調子に乗って撮りまくるには少し足らなかったようですね。
c0039487_2359229.jpg

 充電を終えて、少しは取れるようになった時には、もう鐘は固定された後でした。
c0039487_00910.jpg

 ブルーシートをかけて、ひとまず今日の作業は終わりです。たくさんの人手と、機械の力で、たった1日でここまで出来てしまいましたよ。久しぶりに、興奮してしまいました。いくつになっても、こういう風に物を実際に作る現場と言うのは、刺激的なものですね。
c0039487_00281.jpg

[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-07-24 00:00 | 禁断 | Comments(0)