おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
なりすまし
 おととい千秋楽を迎えた「仙台CATS」でしたが、その後関係者の話では、あのカーテンコールは実は最後まで行かないところで終わってしまったそうなのです。あの最後にタガー1人(1匹)が出てきて締めるという「タガー締め」というシーンで、「THE END」と書かれた立て札を下手のレンジの上に乗せてそれで終わり、という段取りで、全てが終わっていた、と思っていたのですが(そこで客席が明るくなったら、お客さんは迷わず席を立っていました)、本当の段取りは、その立て札をステージの真ん中に持ってきて、それで終わりになる、というものだったらしいのですね。確かに、ちょっと中途半端かな、という気がしないでもなかったのですが、お客さんの盛り上がり、というか、照明が入っての「盛り下がり」は完璧に「本当の終わり」という感じでしたから、別にどうということもありません。あの「タガー締め」は、確かにじらし合いみたいなところがあって、お客さんはもう終わりだと思っても、まだ出てきてじらす、という、駆け引きが面白いのでしょうが、あんまりじらし過ぎると、本気にしてしまう、ということなのでしょう。仙台のお客さんは素直だったんですね。
c0039487_2201834.jpg

 最近、Facebookで頻繁に行われている「なりすまし」も、そんな「駆け引き」の道具なのかもしれませんね。あわよくばその気にさせて、騙してやろう、みたいなものなのでしょう。というか、私は実際に「なりすまし」に引っかかったことはありませんから、その先にどういうことが待っているのかは、体験したことはありませんので良くは分かりません。まあ、とにかく聞いたこともないような名前のリクエストが来たら、とりあえずその人のページに行って、全く接点のない相手だと分かれば即リクエストを削除、という流れでしょうね。あり得ないような美しいプロフィール写真の場合も要注意でしょう。もちろん、写真や書き込みがほとんどないのも、まず削除ですね。
 実は、今日もそんな、まず「なりすまし」に間違いないだろうというリクエストが届きました。いや、名前だけは確かに良く知っている人でした。しかし、タイムラインを見てみてもなんの書き込みもないし、もちろん写真はプロフィールも含めて1枚もありません。データもまっさら、いかにも作り立てという感じでした。
 ですから、普通だったらそのまま削除してしまうのですが、もし、これが本当にその名前の人からのものだったら(まずあり得ませんが)まずいかもしれないので、その人に「リクエストなんか、寄こしてないですよね」とメールを出してみました。そうしたら、すぐ返事が来て、「今登録したばかりで、リクエストを出しました」というのですね。いやあ、危ないところでした。リクエストを削除していたら、もうニューフィルに行けなくなっていたところでした。
 そういえば、Facebookの「友達」の新田さんがこの間仙台にいらしたときに、京大オケと遭遇したという事件がありましたが、その「締め」となる写真がこちらにアップされてました。タイミング的にはニューフィルの練習と京大たちのコンサートが終わったあたりなのでしょう。日立システムズホール仙台の階段の前で新田さんを囲んで並んでいる京大オケのメンバーです。これをよく見ると、ニューフィルの練習が終わって、その階段を下りてくるメンバーが2人写っているのですね。前にいるユッキーは顔が隠れていますが、後にいるコナリーはすぐ分かります。というか、ほとんど大学生と同化してませんか?
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-08-22 22:01 | 禁断 | Comments(0)