おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
合唱コンクール
 今日は、合唱コンクールの県大会の日です。会場は、この間新田さんとのリハーサルをやった名取市文化センターです。もう私自身はコンクールにも、いや、合唱そのものにももはや縁がないのですが、愚妻がここに出るということで、ついでに聴いてくることにしました。合唱をやっている頃は、なかなか他の団の演奏をきちんと聴くことはできませんでしたからね。
 その前に、コンクールに備えての最後の練習があるというので、ホールのそばの市民センターまで送って行きます。そこで9時から練習ということで置いてきたのですが、コンクールが始まるのが10時半ですから、結構時間が余ってしまいます。そこで、近くの「イオンモール名取」に寄ってみることにしました。出来たばかりの頃1回来たきりで、しばらくぶりでしたが、その頃は別の名前だったはず。テナントだった三越もいつの間にかいなくなっていて、その跡地には電気屋が入ってましたね。モール自体はなんということはありませんが、その隣には、なんとこんな大きなテントが張られていましたよ。どうやら、サーカスが来ているみたいですね。
c0039487_21433437.jpg

 ホールに着いたら、開会式が始まるところでした。そこであいさつに立った合唱連盟の偉い人が、「今年から、選考方法が変わりました」と話しています。愚妻からうすうす話は聴いていたのですが、なんでも、「一般」の部の出場団体を「室内」、「同声」、「混声」の3つのカテゴリーに分けて、それぞれから1団体を選出する、という方法をとることになったのだそうです。ということは、「同声」の「パリンカ」は、他に同じカテゴリーの団体がいないので(「男声」である「Bless」は、人数が少ないので「室内」)、自動的に予選通過、ということになりますね。逆に、「混声」には「グリーン」と「エピス」がいるので、どちらか一方は必ず「落ちて」しまう、ということになります。なんとも理不尽な制度ですが、そういうルールなのでは従わないわけにはいかないのでしょう。事実、愚妻は「グリーンが行くに決まってるから、エピスはだめ」と言い続けていましたからね。
 休憩時間に外に出たら、そこにパリンカのメンバーがいたので、「今年は、もう大丈夫ですね」と言ったら、「そんなことはない」と言われてしまいました。なんでも、そのやり方ではいろいろ不都合が出てくるので、今回は今まで通りカテゴリーに関係なく一律上位から順番を付けるのだそうですね。なんだかわけがわかりません。ということは、今年は有力な新参加のグループもあるので、パリンカが予選落ちになる可能性も出てくるのですね。
 しかし、結果は、パリンカはなんと1位のグリーンに続く第2位、3位がエピスだというのですから、まさに大番狂わせでした。でも、聴いている時にはそんな予感もありましたね。ハーモニーもかなりきれいになってましたし、ソリストも素敵、なによりも男声ならではのパワフルなドライブ感が満載でした。おまけで、ピアニストが最後に畳んであった楽譜を派手にぶちまけるという、とっておきのパフォーマンスもありましたし(これは、その前にも楽譜を落とした人がいましたから、風があたっていたのでしょう。主催者の不手際です)。
c0039487_21452993.jpg

 そんな瞬間をカメラに収めたかったのですが、しつこく「写真撮影や録音はご遠慮ください」というアナウンスがあったので、休憩時間に撮るだけでやめました。「審査結果に影響を与える可能性があるので、禁止とさせていただきます」とまで言われれば、とてもカメラを出す勇気はありません。しかし、会場内で我が物顔で写真を撮りまくっていた「業者」は、「影響を与える可能性」はなかったのでしょうかね。堂々と客席の前は横切るわ、演奏中にドアを開け閉めするわ、静かなところでも遠慮なく一眼レフのシャッターを切ってうるさいわと(後ろで話し声みたいのがやまないので振りかえったら、それがシャッター音でした)、こちらの方こそ「禁止」して欲しいものです。
c0039487_21455379.jpg

 プログラムを見てみたら、こんなことが書いてありました。復興の象徴としての音楽堂建設にはもろ手を挙げて賛成ですが、このコピーには抵抗があります。気持ちは分かりますが、すごく程度の低いお粗末なコピー、こんなんだったら、NAXOSの帯コピーの方がまだマシです。長年の音楽家の願いを収束したいのなら、こんなコピーは即刻取り下げるべきです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-09-01 21:46 | 禁断 | Comments(0)