おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ユーストリーム
 今朝は、明け方にものすごい雷の音がしていたようですね。なんとも起伏の激しいお天気が続く今日この頃です。そのせいかどうか知りませんが、PCを開けてネットにつなごうとしても全くつながりません。ルーターのランプの表示は問題なかったので、もしかしてどこかで障害が起きているのかもしれません。前にもこんなことがあったので、問い合わせようとしたら、オペレーターによる受付は9時から5時だというので、やめておきました。障害だったら、夕方には治っているでしょうからね。
 しかし、その夕方になっても、依然ネットにはつながりません。念のため、同じルーターからWIFI接続しているiPadで確かめてみてもやはりつながりませんから、PC側の問題でないことは明らかです。ただ、そのルーターの表示は異常ないのですが、念のためということで一回電源を切って再起動してみました。そうしたら、表示は全然変わっていないのに全く異常なくつながってしまいましたよ。やはり、雷の影響でどこかがフリーズしてしまったのかもしれませんね。電話をしていたら、恥をかくところでした。
c0039487_20392597.jpg

 同じように、NEX-6で、やっと今頃つぼみが開いてきたサルスベリの写真を撮った後、カメラの電源を入れようと思ったら、なんかディスプレイにレンズからの映像が表示できなくなってしまいました。どこを操作しても治らないので、早くも故障?と、ちょっと凹んでしまいましたね。ところが、これも一旦バッテリーを外して再度セットしたら、難なく元に戻ってしまいましたよ。これも、なぜかは分かりませんが再起動、というか、リセットが必要だったようですね。
 ところで、以前から、こんなオーディオ・ショップのサイトが気になってました。毎週お店の中で様々なジャンルのワークショップが開催されているというのですね。その時に、ご自慢のオーディオでサンプル音源を聴かせるのがウリ、1回行ってみたいと思っていました。ちょっと無理ですが。ところが、最近ここでそのワークショップをUSTREAMで生配信していることを知りました。居ながらにして観ることが出来るなんてちょっとすごい、と思って、どんなものなのか観てみることにしました。
c0039487_20385351.jpg

 きのうやっていたのは、最近リストのピアノ曲全集を出し続けているNAXOSの社員の方が講師、そのCDを使ってリストに関するお話なのでしょう。時間通りに配信がスタート、講師はメガネをかけたちょっと小太りのおばはん、下を向いたままでボソボソと話を始めます。話そのものは面白く、リストに対するイメージがきっちり「リセット」できるものでした。CDをかける時には、スピーカーからの音ではなく、別にラインで音声を送っているようで、会場ノイズがとたんに消えてしまいます。しかし、その肝心の音のひどいこと、ヘッドフォンで聴いていたのですが、とてもピアノとは思えないような、歪みに歪んだ音です。せっかくのオーディオ・システムでも、これでは何にもなりませんね。USTの音って、こんなもんなんですか?
 そのNAXOSですが、最新の新譜インフォで、20世紀に作られたオーケストラとチェンバロのための作品を集めたCDについて「チェンバロ…ドイツ語、ハープシコード…英語、クラブサン…フランス語 どの言葉でも、どの時代でも、全て同じ楽器です」などと、とんでもないことを書いていましたね。おそらく、これがそのまま「帯」に印刷されるのでしょうから、それが店頭に並んだら大恥をかいてしまうのではないでしょうか。いや、実は私は、このCDが発売になったらすぐ購入して、その「帯」にツッコミを入れたくて、今からウズウズしているのですがね。チェンバロがどの時代でも全く同じだったなんて、全くのデタラメです。特に20世紀の音楽では、その時代にしかなかった特別な楽器「モダンチェンバロ」のために作られた曲がいくらでもあったことを、これを書いた人は知らないのでしょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-09-05 20:39 | 禁断 | Comments(0)