おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
コースヴェット版
 このところ、半年に4回という半端なインターバルで発行を続けている「かいほうげん」です。この間の最新号は8月20日に発行しましたから、もう1ヶ月が経ってしまいました。ですから、定期演奏会の本番前にはもう1回出すつもりで気持ちだけは準備を進めているところです。ただ、今回は特にこれといった目玉がありません。もしかしたら、来年秋の演奏会の指揮者が決まるかもしれませんが、それは来月初めに候補者を集計して、その中から希望の多い人との交渉を始めることになりますから、ちょっと載せる段階までは行かないかもしれませんね。いつもだと、お盆の頃にJAOのフェスティバルがあって、そこに参加して人たちの体験談や写真が紙面を飾ることになるのですが、今年は今日あたりからと、少し遅めのスケジュール、さらに、その本番の日は新田さんとの指揮者練習が予定されているということで、ニューフィルからの参加者は誰もいませんから、そんな原稿も期待できません。
 と思っていたら、毎回エキストラで遠くから参加してくださっている方が、Facebookで(最近、お友達になれました)そのJAOに参加するために、現地につきました、みたいな書き込みをしているではありませんか。もちろん、写真も入っています。そこで、ダメモトで、ニューフィルのためにJAOのレポートを書いてはいただけませんか?ときいてみました。まあ、最悪、Facebookにアップした写真や書き込みだけでも転載させて欲しい、と、メッセージを送ってみたのですよ。そうしたら、即座にメッセージが返ってきて、しっかり原稿を書いて下さることを快諾していただけました。これで、次回のメイン記事は確定です。
c0039487_20135540.jpg

 実は、11月にも、どこか遠方でアマオケの集まりがあって、それに参加する団員の方からもレポートの掲載を早々と申し出ていただいていますから、しばらくは充実した紙面をお届けできることでしょう。
 その中には、毎月の「連載」というか、「定番」で、このサイトの「おやぢの部屋」から2本ぐらいページを頂いています。これはもうストックがいくらでもありますから、今のうちに選んで紙面を作る作業を進めることが出来ます。そこで、今回はアンコールがらみで○○○グのアルバムと、もう一つ、ブルックナーの珍しい版の映像BDを使うことにしました。ネットにあるそのテキストをひな型に流し込んで、ジャケット写真を作って挿入すれば、出来上がりです。その写真は全部200dpiで現物をスキャンしたものが取ってありますから、それを探し出してサイズや体裁を揃えれば出来上がります。しかし、○○○グはすぐにその画像ファイルが見つかったのですが、ブルックナーの方はなんだかずいぶん小さなサイズの、通販サイトからDLしたWEB用の72dpiのすごく小さいサイズのものしかありません。これだと、画像は300dpiで統一している「かいほうげん」の紙面の中では、とてもしょぼいものになってしまいます。いや、確かに全部スキャンしたはずなのに、一体どこに行ってしまったのでしょう。スキャナーは職場にしかないので、それを持ってくるのを忘れて、仕方なくネットの画像をつかってしまったのでしょう。
 ただ、職場のPCの中にも、そのスキャンデータはありません。仕方がないので、もう一度スキャンしようと思って現物を取り出そうと思ったら、今度はそれも見つかりません。ブルックナー関係は同じ棚にまとめてあるので、BDでも、例えば同じ演奏家の「8番」だったらちゃんとあるのに、「4番」はどこにもないのですね。なんか、自宅にスコアを持って行って観たような記憶もあるので、もしかしたら置いたままにしてあるかも、と探してみても、ありません。2日間ぐらいそんなことをしていたら、ハタと気が付きました。あのアイテムは、現物は買ってはいなかったのでした。販売されているBDと全く同じものをBSで放送していたので、それをBDに焼いて、さも買ったように見せかけてこの原稿を書いていたのでした。それでは、いくら探しても出てくるわけはありませんね。
 ネットをよく探したら、もっと大きなサイズのジャケットも見つかったので、「かいほうげん」にもちゃんと使えますし。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-09-21 20:14 | 禁断 | Comments(0)