おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
メトロノーム
 きのうはニューフィルはパート練習でした。木管の場合は私の職場で行うので、夕方になったら一応会場の点検をしたり玄関の鍵を開けたりしなければなりません。ところが、いつもはなにも置いていない大広間に、会食用の机が並んでいました。前にご法事があった時に、この部屋を使ってそのままになっていたのでしょう。仕方がないので、ひとりで隣の部屋に運びます。それだけで結構汗をかいてしまいましたね。このところ寒くなったり暑くなったりという変な天気が続きますが、こんなに暑くなるのだったら、まだエアコンが必要かもしれませんね。
 メニューは交響曲だけ、本番のメンバーが全員揃って、和気藹々とした練習が始まります。こうやって木管だけ細かいチェックをやっていると、ニューフィルの木管のパートは、なんだかものすごくシビアなところまで目を配っているのではないか、という気になってきます。出来るか出来ないかということではなく、あくまで意識の問題だけなのですがね。おそらく、こんなことの長い時間をかけての積み重ねというものが、オーケストラの「実力」となっていくのでしょうね。
 3楽章をやる時に、テンポを指揮者のものに合わせようということで、私がiPhoneにインストールしたアプリを使ってみました。本当はキーボードのアプリなのですが、おまけでメトロノームもついています。それが、結構リアルなメトロノームの音を出すもんですから、なかなか侮れないものですよ。
c0039487_21434330.jpg

 休憩時間に、まわりのiPhoneユーザーが寄ってきて、「なんてアプリですか?」とか聞いてきます。誰でも知ってると思っていたのですが、意外と広まっていないんですね。だから、私もいい気になって、「こんなのもあるよ」なんて、この間書いた「Shazam」と「SoundHound」を「これで、曲名なんかがすぐ分かるんだよ」とか言いながら見せびらかします。「そんなのあるんですか?」なんて言ってましたから、やはり知らなかったんですね。あとは、iOS7の新しくなったアイコンを見て「かわいい~」とか言ってましたね。私なんか、この前何かの拍子にiOS7.0.2にアップデートしてしまいましたが、結構古いOSのまま使っている人もいるんですね。そう言えば、この間のアップルストアの店員さんが使っていたiPhoneも、古いOSのキーボードでした。
 キーボードと言えば、iPhoneのキーボードは今までの携帯より小さめですし、なによりタッチパネルの感度がいまだによくつかめませんから、文字入力に関してはすっかり初心者モードに戻ってしまいました。いっそローマ字入力にしようと思っても、iPadにはあったものがないのですね。でも、これはちゃんと入っていることが分かりました。OSが変わって、デフォルトでは表示されなくなったのですね。それを知ってさっそく使えるように設定したのですが、やはりこれも横置きにしてもまだ小さくて、なかなか正確には打てません。
 それよりも、普通のテンキーで、こんな機能があったことも初めて知りました。
c0039487_2144074.jpg

 このように、「な」にタッチすると、しばらくしてその周りに「に、ぬ、ね、の」が現れるので、そこでフリックすればたとえば「の」だったら今までは5回タップしなければいけなかったところが一発で出せるというのですね。これは、別にiPhoneに限ったことではなく、スマホ全般の機能なんでしょうね。
 こんな画像をキャプチャーする技も覚えました。画面を表示させて、スリープボタンを押しながらホームボタンを押せば、カメラが作動して保存されるのですね。この手順を逆にすると「Siri」が起動してしまいますから、ご用心。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-10-09 21:44 | 禁断 | Comments(0)