おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ネーミングライツと予約システムとハイレゾ
 この間宮城県民会館のネーミングライツが継続されないのではないか、ということを書いたら、おそらくそれを見てくれたのでしょう(まさか)、つい最近、さらに3年間の契約延長が決まったのだそうです。ちょっとやきもきしましたが、これでしばらくはこのホールの名前に関しては心配しなくても済みそうです。まあ、変わるとしても3年も先の話ですから、その頃にはきっと音楽専用のホールが出来上がっていますよ。ねっ、村井さん、奥山さん。あっ、「座席数2011」なんてバカなことは言わないようにしましょうね。
 もう一つの、こちらは県民会館のような多目的ではなく、れっきとした音楽専用ホールの方も、やはりネーミングライツが浸透しかけているようです。まあ、なんのかんのと言っても「日立システムズホール仙台コンサートホール」というみっともない名前を使わざるを得ないような状況に追い込まれていくのでしょうね。
 ただ、これを管理している仙台市そのものが、なんだか少しおかしなことになっています。実は、このような仙台市の施設を借りるための予約システムが先月の末に新しくなりました。本当はもっとずっと前から運用されるはずだったものが、なんだか理由も分からずにズルズルと先延ばしになっていたのですね。この時点で、なんだか信頼性に疑問があるような感じだったものが、いよいよ本格的に切り替わってみると、それはなんともひどいことになっていました。まず、画面が恐ろしく見ずらいものに変わっていました。今までだと、すでに借りてある施設の一覧は同じ画面をスクロールして全部見ることが出来たのですが、それが1回に表示されるのは5件だけ、それ以降はいちいち画面を切り替えなければいけません。パート練習などで同じ日にたくさんの会場を使う時などは、途中で途切れてしまいます。誰が作ったのかは分かりませんが、システムのことだけを考えて実際に使う人の利便性を全く考えていないデザインには、マジで腹が立ってきます。なによりもひどいのが、トップページのデザイン。一番下にあるバナーの群れは一体何なのでしょう。どのバナーをクリックしても仙台市のサイトにジャンプしてしまうんですけど。
c0039487_2112989.jpg

 念のため、ニューフィルが借りているところをチェックしてみました。そうしたら、ありましたよ。ミスがゴロゴロ。なんと、確かに借りていたはずの施設が、丸ごと表示されていないのですね。その施設とは、さっきの日立なんたらという長々しい名前の複合施設です。あわてて確認してもらったら、確かに予約は生きているので安心してほしいということだったそうです。勝手な憶測ですが、これは施設の名前が変わったことに対応できなかったという、みっともないエラーではなかったのでしょうか。最近になって、そこの練習室だけは見れるようになりました。しかし、指揮者練習用に2日連続で押さえた「交流ホール」、正確には「日立システムズホール交流ホール」は、いまだに表示されていませんよ。なんとかしてください、奥山さん。
 でも、世の中は分からないことだらけですから、いちいち構っているわけにはいかないのかもしれません。私も、たった今わけのわからないことに遭遇したばかりですから。
c0039487_2114014.jpg

 チック・コリアの1973年のアルバム「Light as a Feather」のハイレゾ版(24/96)を見つけたので、最後に入っている「スペイン」という名作をDLして、CDと聴き比べてみました。音は見違えるように素晴らしいものだったのですが、なぜかフルートのジョー・ファレルが右側に定位しているのですよ。CDでは左から聴こえてくるというのに。ケーブルの接続ミスかな、と点検しても異常はありません。それより、オープニングのパーカッションはどちらも右側に定位しています。もちろん、テイクも全く同じもの。ということは、ミックスが違うということでしょうか。この頃はジャズでもマルチトラックで録音していたはずですから、トラックダウンの際に定位を変えるのは簡単なことですからね。そんな、CDには採用されなかったミックスのマスターから、このハイレゾ・データが作られたのでしょうか。誰かご存じの方は教えてください。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-12-06 21:01 | 禁断 | Comments(0)