おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
The Rite of Sprig
c0039487_20104035.jpg
Hubert Laws(Fl), Dave Friedman(Vib)
Wally Kane, Jane Taylor(Fag)
Gene Bertoncini, Stuart Scharf(Guit)
Ron Carter(Bass), Bob James(Pf)
Jack DeJohnette(Dr), Airto Moreira(Perc)
CTI/KICJ-02318i(2.8DSD, 24/192PCM)




今回キングレコードから、「CTI Supreme Collection」という、40タイトルのCDのシリーズが発売されました。「CTI」というのは、1967年にクリード・テイラーが創設し「フュージョン」というカテゴリーで先駆的な役割を果たしたジャズ・レーベルです。1978年に倒産してしまいましたが、日本ではキングが販売権を持っていて、こんな風に頻繁にリイシューを行っています。
ただ、今回はCDと同時にハイレゾ・データを発売したというのが画期的。このレーベルではエンジニアにこの方面では伝説にすらなっているルディ・ヴァン・ゲルダーという人を抱えていて、音に関しては定評がありました。そんな素晴らしい録音が、マスターテープそのままの音で聴けるというのでは、試してみないわけにはいきません。
この、ハイレゾ・マスタリングは、キングのエンジニアによって行われています。こちらでは実際にそのエンジニアのインタビューを見ることが出来ます。レーベルによっていろいろやり方はあるのでしょうが、これは日本のメーカーがレコードを作る際に提供されたマスターテープから、トランスファーを行うというものです。つまり、もともとCTIで作られたマスターテープではなく、それを何度かコピーしたものが使われているのですね。とは言っても、もはやレーベル自体が存在していないのですから、これは貴重なものには違いありません。
そう、「マスタリング」とは言ってますが、そもそもマスターテープ自体がすでにマスタリングが行われている状態にあるのですから、ハイレゾであればそこからは何の細工も加えずにただA/D変換したものを記録するという「フラットトランスファー」が理想的な形なのです。ここではそれを、24/192PCMと、2.8DSDに対してそれぞれ別個に行っているのだそうです。つまり、一度PCMにトランスファーしたものをDSDに変換(その逆も)するといったD/D変換さえも行っていないのですね。
その、PCMDSDがどちらも手に入りますから、これはまさしくこの二つのデジタル録音の違いを、そのまま味わえる格好のサンプルになりますね。そこで、この1971年にヴァン・ゲルダーのスタジオで録音されたアルバムのハイレゾ・データを両方とも購入して、手元にあった1978年にリイシューされたLPとともに聴き比べてみました。
PCMDSDとの違いは、かなりはっきり分かります。全くの主観ですが、PCMは実際にその楽器が目の前で演奏されているような現実味を帯びています。しかし、DSDからは単に精緻な「音」が聴こえてくる、という感じです。よくDSDのことを「透明性のある音」という人がいますが、まさに透明人間が透明な楽器を演奏しているというイメージ、音はとても澄んでいても、なにか現実味に乏しいような気がしてなりません。同じような体験を、かつてショルティの指環に対しても味わったことを思い出しました。
リーダーのヒューバート・ロウズは、ジュリアードでジュリアス・ベイカーに師事したというしっかりクラシックの基礎を学んだジャズ・フルーティストです。クラシックを「カバー」したこのアルバムでは、ドン・セベスキーの奇跡的なアレンジで、「春の祭典」がフルート、ファゴット、ウッド・ベース、ヴァイブ、ギター、パーカッション、そしてフェンダー・ローズだけで再現されています。B面の1曲目などは、ドビュッシーの「シランクス」を楽譜通りに演奏したものを時間をずらして3度重ねるというぶっ飛んだものです。そこでのフルートの音像は、DSDPCMLPの順にふくらみを増しています。この結果には、当然マスターテープの磁性体の経年劣化も反映されているのではないれっか
データにはジャケットの画像と、「ライナーノーツ」が付いてきました。しかし、それは日本人が書いたとことんつまらない文章だけで、肝心の録音データ、そしてパーソネルなどは全く記載されていません。こういうものは、普通はライナーノーツとは言いません。

Album Artwork © King Record Co., Ltd.
[PR]
by jurassic_oyaji | 2013-12-15 20:11 | ポップス | Comments(0)