おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
免許更新
 きのうは、「5年ぶりに」免許の更新に行ってきました。「5年」というところをぜひ強調させてくださいね。なんせ、私にとっては初めてのことですから自慢してみたいんですよね。最近は、免許センターのすぐ向かいにある○ニクロによく来ているものですから、道路状況などもすっかり頭に入っていて、予定通り受付開始時間である8時半の10分前に到着できました。毎回、今頃のシーズンに来ていますが、今年は全然雪がないというのが珍しい感じ、いつもなら降ってはいなくても必ず雪が残っていましたからね。駐車場も、この時間だとガラガラ、入口に近いところに停められました。
 建物に入ると、いつもは長い行列、というイメージがあったものが、どこもガラガラ、多くても2人ぐらいしかいませんよ。これはすごい、と思って順に窓口をまわっていると、反対側にある最後の写真撮影のコーナーの前には、椅子に座りきれないほど人が待っているではありませんか。やはり、それなりの人は来ていたのですね。普通、そんな風にただ待っているようなところでは、もちろんスマホを眺めている人もいるでしょうが、イヤフォンを付けて音楽を聴いている人もいるものです。しかし、見まわしたところでは、イヤフォン姿の人は見当たりませんでした。たしかに、そこでは、天井のスピーカーで自分の名前を呼び出され、それにしたがって行動するという、いわば「聴力検査」にあたることが行われているのですから、みんな必死になって聴き耳を立てているのでしょう。要は、運転する時には聴こえていなければならない音情報を確実にキャッチできるかを見極めるテストなわけですから、当然イヤフォンなんかは外しているのでしょう。それなのに、実際に運転する時にはイヤフォンを付けたり、ひどいのになるとテレビをつけたりしている人がいるのですから、何にもなりませんね。
 写真撮影が終わると、講習です。1日に何回か予定されているのでしょうが、当然その初回を受けることが出来ました。私の場合は「5年間無事故無違反」なので、「優良講習」を30分受けるというスケジュールですが、この会場では同時に「5年間に軽微な違反を1回」という人が受ける「一般講習」も行われるようですね。確かに、黒板には2種類の時間が書いてありました。でも、これだと両方とも「優良」みたいですね。下段は「一般」と書くべきところを、間違えたのでしょう。毎日のことなのに。
c0039487_21310867.jpg
 つまり、私のような「優良」運転者は、30分経ったところで新しい免許証を受け取って帰ることが出来るのに、「一般」の人たちは、それをうらやましく思いながら、あと30分講習を受けなければいけないのですね。下段は1時間5分の予定になっていますが、その「5分」が、そんな、目の前で他の人が免許証を受け取っているのを黙ってみていなければならない屈辱の時間ということになるのです。次回は、そちら側だけにはなりたくないものです。とは言っても、「違反」はどんなところで起こす(起きる)か、殆ど「運」みたいなものですから、こればっかりはどうなるかは分かりません。
 その講習会では、あの「自転車の右側通行の禁止」についてもしっかり説明がありました。確かに、法律が変わってからは、「逆行」してくる自転車は幾分少なくはなったような気がしますが、やっぱりなくなることはありません。まあ、飲酒運転がいくら騒がれてもなくならないのですから、仕方がないことなのでしょうかね。
 いや、いくら騒がれてもなくならない、もっと凄いのがありましたね。「原発再稼働」というやつです。ひとたび事故を起こせばあれだけの損失を各方面に及ぼすだけでなく、たとえ事故を起こさなくても、危険な使用済みの核燃料は、人類の英知をもってしても処理することは不可能なことが分かっているというのに。自転車の逆走ぐらいは許しますから、これだけはぜひ、世の中から完全になくしてほしいものです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-01-23 21:31 | 禁断 | Comments(0)