おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
電子書籍
 「佐村河内」事件は、その全貌がほぼ明らかになったとされた段階で、予想されたようなメディアの対応も出揃ったようですね。そして、やはり予想されたような、ワイドショーのレベルでのコメントも紹介されるようになりました。一番面白かったのは、「HIROSHIMA」のCDに詳細な楽曲分析を執筆していたはずの長木誠司という人が、朝日新聞に「今の聴衆は、ほとんど耳が聴こえていない」というコメントを寄せていることです。「耳が聴こえていなかったのは、あなたの方でしょう」と、思わず突っ込みたくなってしまいますね。
 それとは逆に、ネットなどでは「曲そのものは素晴らしいのだから、作曲者の名前を変えてでもぜひ演奏してほしい」といったような、本質がまるで見えていないノーテンキな意見を堂々と述べている人もいたりしますから、問題は深刻です。
 そんな中で、こんな「告発」が出るはるか前、2013年の11月に発行された雑誌に投稿された野口
剛夫さんという人の記事がネットで評判になっていました。どうやら、私と同じような胡散臭さを感じていた人は、他にもいたみたいですね。ただ、その現物を読むためにはバックナンバーを探したりしなければいけないのでしょうから、ちょっと面倒くさいな~、どこかにコピーされたものでもないかな~、と思っていたら、なんと、この記事だけが電子書籍として販売されていたのですよ。なるほど、こういう売り方もあるのか、と思いましたね。音楽の方では、アルバム全曲ではなく、その中の1曲だけでも購入できるというのがネット配信のメリット(デメリット?)なのでしょうが、活字(死語)の世界でも同じようなことが簡単に出来るわけですね。これはまさにタイムリー、ネット社会のフットワークの軽さで、別に古本屋めぐりをしなくても、100円払うだけで全文が読めてしまえます。

 ただ、私はいまだかつて「電子書籍」というものとコンタクトを取ったことがありません。というか、そんなものの必要性を全く感じていない、書籍に関しては割と頑固なアナログ人間なのですよ。でも、せっかくこんな機会ですから、ちょっと手を出してみようと思ってしまいました。これを見つけたのはAMAZONですから、Kindleという端末が必要だ、ということぐらいは前から知っていましたが、そこでは端末を選択することが出来て、iPhoneでも読めるようなのですよ。ですから、そのiPhone用のものをお買い上げ、です。まず、KindleのアプリをiPhoneにダウンロード、AMAZONのIDを登録しておいて、あとは普通に本やCDを買うのと同じようにプチると、即座にiPhoneで読めるようになっていました。簡単ですね。しかも、これはiCloudにも同期していて、愚妻に使わせているiPad miniでも、アプリをダウンロードしたら同じものが読めるようになっていました。iPhoneを買った時に、やたらと「同期」という言葉に遭遇したのですが、あれはこういうことだったというのが、実物を目にして初めて納得できました。
 と、一つ賢くなったところで、指揮者練習に愛子に向かいます。東京で大雪を降らせた低気圧が近づいてきて、お昼ごろになるといつの間にか結構雪が積もっていましたから、いつもの国見峠経由の山道から北環状線にでる、というコースは避けて、街中を通って西道路から行くコースを選んでみました。ところが、西道路までの道が大渋滞、早目に出たので問題なく到着できましたが、メンバーの中には間にあわなかった人もいたようですね。

 田中さんの指揮ぶりは、とことん我々にストレスを与えないものでした。でも、ちょっとしたフレージングの注意などをそのとおりにやってみると、音楽が見違えるように生き生きしてきます。前回同様、楽しい演奏会になりそうです。さて、明日の雪はどんな具合でしょうか。まず、長靴は絶対必要でしょう。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-02-08 21:11 | 禁断 | Comments(0)