おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
かいほうげんは来週発行
 きのうは久しぶりの旭ヶ丘でのきちんとした出番のある練習でした。いまだにその理由がはっきりしないのですが、合奏のローテーションが私が乗っている「展覧会の絵」が、メインプログラムでもあるにもかかわらず1回おきにしかやらないようなことになっているものですから。「中曲」のブラームスは毎回やっているというのに。
 そんなことを言っていても仕方がないので、練習の前にはしっかり腹ごしらえをしておくことにしましょう。というわけで、いつものショッピング・センターの中にある「すき家」にやってきました。練習の前には、毎回ここのモスバーガーに来ていたのですが、さすがに毎週通っていると飽きてきますから、新しいレパートリーを開拓しようと思ったのです。実は、私は生まれてこの方、すき家はおろか牛丼屋というものには入ったことがないのですよ。つまり、これは私の「初体験」ということになります。なんか緊張しますね。うまくいかなかったらどうしよう。
 入口を入る前に、支払い系統はどうなっているかを確認してみます。食券を買ったりするようなシステムだったら、きっちり対応しないと恥をかきますからね。それだけは避けたいものです。でも、入っていくとかわいいおねえさんが優しくうなずいて、空席に座るように眼で合図をしてくれたので、まずは一安心です。注文もきちんとテーブルまで取りに来るというシステムだったので、さっそく評判の「牛すき鍋定食」を頼みます。580円。牛丼屋的にはこれでも少し高いのだそうですが、モスの1食分よりははるかにお安いですね。

 味は、いちおう「すき焼き」を期待していたのですが、まあ似て非なるもの、というか、ただ牛肉と野菜を入れただけではすき焼きにはならないな、というか、メニューを見るとカレーの種類が多かったので、この次からはカレーのローラー作戦だな、とかね。
 その日の練習で、必要な写真は撮り終ったので、いよいよ今日からは来週の発行に向けての「かいほうげんモード」です。今回も、様々な修羅場が待っていることでしょう。まずは、きっちりとフォーマットが決まっているものに、素材をはめ込むという作業から始めます。ところが、新入団員の紹介で、少し前に撮ってあった写真をチェックしてみたら、とんでもないことを発見してしまいました。撮った時には全く気が付かなかったのですが、一人、かなり大きな楽器の方の写真が、フラッシュを使って撮影したら、その楽器の反射光が見事に顔に入ってしまっているのですね。これは、カメラの小さなモニターではまずわかりません。というか、こんなことは初めてです。そのまま使うわけにはいかないので、なんとか、その光があたった部分を修正しなければいけません。

 まあ、こんな感じで、なにも知らなければまずわからないほどには修正できました。作業自体は、いつもやっていることですから、それほど難しくはありませんからね。
 今回は、「展覧会」がらみの記事がたくさん入っています。みんな、かつてブログに書いたものばかりで、なんと「おやぢの部屋」までも、「展覧会」という濃さですよ。毎回の演奏会で取り上げる曲についてのトークで成り立っているのが「かいほうげん」だと、久しぶりに思えるようなものになるはずです。ただ、今の段階でもまだ流動的なところがあって、全てのコンテンツが確定しているわけではない、というのが不安なところです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-02-26 21:10 | 禁断 | Comments(0)