おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
HÄNDEL/Dixit Dominus, BACH/Magnificat
c0039487_2321866.jpg
Christina Landsmer, Diana Haller(Sop)
Maarten Engeltjes(CT)
Maximilian Scmitt(Ten), Konstantin Wolff(Bar)
Peter Dijkstra/
Chor des Bayerischen Rundfunks, Concerto Köln
BR/900504




音楽監督就任から10年近く経って、もはやダイクストラは名実ともにバイエルン放送合唱団のシェフとして不動の地位を固めたようです。同時にスウェーデン放送合唱団の首席指揮者も務めるという多忙な環境にあって、ますますその活動は注目を集めるようになってくることでしょう。
彼が以前この合唱団とバッハの「マタイ」を録音(抜粋ですが)した時には、オーケストラは「同僚」のバイエルン放送交響楽団でした。しかし、2010年に録音された「クリスマス・オラトリオ」ではベルリン古楽アカデミー、そして今回の「マニフィカート」ではコンチェルト・ケルンと、このところピリオド楽器のオーケストラとの共演が続いています。もう少しすると発売になる2013年録音の新しい「マタイ」も、やはりコンチェルト・ケルンとの共演ですので、バッハに関してはこのようなスタイルに軸足を移動したのでしょうか。
このアルバムは、ライブ録音、バッハの前にヘンデルの「ディキシット・ドミヌス」が演奏されています。バンジョーは入っていません(それは「ディキシーランド」)。ヘンデルが22歳という若さで作った曲ですが、5人のソリストと5声部の合唱という、これはカップリングのバッハの「マニフィカート」と全く一緒の声楽の編成となっています。同じコンサートで演奏するには、都合がいいでしょうね。もっとも、オーケストラの方はヘンデルは弦楽器と通奏低音だけですが、バッハでは管楽器やティンパニまで入ったきらびやかなものになっています。
編成こそ地味ですが、ヘンデルの作品は1曲目の合唱「Dixit Dominus Domine meo」から、いきなりキャッチーな華やかさで迫ってきます。パッセージが華やかなのと、コード進行が現代のポップスでもそのまま使われているような親しみのあるクリシェだというところがポイントになっています。この辺の、おそらくイタリアあたりに由来する(ヴィヴァルディなどは、こればっかりです)ハーモニー感が、ヘンデルの一つのキャラクターなのかもしれませんね。
そういう明るいキャラの音楽を、この合唱団はとても真面目に歌っています。一音一音をしっかりとていねいに歌いあげるという姿勢を、彼らはどんな時にも貫いているのでしょう。それでも、ヘンデルのもつ軽いテイストが損なわれることがないというあたりが、おそらくダイクストラの資質なのかもしれませんね。
6曲目の「Dominus a dextris tuis」では、続く「Judicabit」と「Conquassabit」が同じトラックにまとめられていて、まるでオペラのようなドラマティックな音楽を展開しています。
最後の「Gloria Patri et Filio, et Spiritui Sancto」では、フーガさえも単なる音の羅列ではないしっかりとした「意味」が感じられるものになっていました。ヘンデルのスピリッツが堅実な中にも見事に現れています。
ところが、後半のバッハになったとたん、そのような生き生きとした軽やかさが全くなくなってしまいます。何よりもダイクストラのとったテンポがあまりにも鈍重、そこでトランペットやティンパニが華やかに盛り上げても、合唱がやたら重苦しく歌っていて、なんとも気が晴れません。この合唱団の真面目さが、バッハになるとこういう形で表れてしまうとは。ただ、この重苦しさは合唱が出てくるところだけ、ソリストたちのアリアや重唱はバックのコンチェルト・ケルンの軽妙さもあって、別物の楽しさを与えてくれています。バスのアリア「Quia fecit mihi magna」の楽譜には通奏低音の伴奏しか書かれていませんが、それをアドリブで埋め尽くしているオルガンのセンスなどはたまりません。ダイクストラと同じオランダ出身のカウンター・テナー、マールテン・エンヘルチェスが歌う「Esurientes」も絶品でした。
録音は、ほとんどCDであることを感じないほどの、伸びのある音を聴かせてくれるものでした。

CD Artwork © BRmedia Service GmbH
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-04-08 23:04 | 合唱 | Comments(0)