おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
BACH/Six Trio Sonatas
c0039487_065757.jpg




Tempesta di Mare Chamber Players
CHANDOS/CHAN 0803




バッハの「6つのトリオ・ソナタ(BWV525-530)」は、1720年代の後半に、長男のヴィルヘルム・フリーデマンのための練習曲として作られたものです。これだけではなく、バッハは惜しみもなく息子の教育のために「教材」を提供し、彼を一流の音楽家に育てあげるのですが、フリーデマンはやがてこのプレッシャーに耐えきれず、破綻してしまいます。まあ、よくあることです。
この、名前の通りオルガンやペダル・チェンバロのような3声の楽器のために作られた「トリオ・ソナタ」は、もちろん両手で2声のメロディ、そして足鍵盤でバス声部を演奏するものですが、この形態はバロック時代の代表的な合奏のスタイルでした。つまり、通奏低音の上に2つのメロディ楽器が加わってアンサンブルを行う、という形ですね。ですから、この「6つのトリオ・ソナタ」は、元はそのような合奏曲だったものを、オルガン用に作り直したものなのでしょう。ただ、そのオリジナルの形は部分的にしか残っていないので、現在ではそれを様々な楽譜に割り振って演奏することが広く行われています。あるいは、メロディのうちの一つはチェンバロの右手で弾いて、もう一つの声部をソロ楽器が演奏するという「ソロ・ピース」としても、多くの楽譜が用意されています。
今回のCDでも、そんなアンサンブルに「復元」したものが演奏されています。2002年に、フルートのグウィン・ロバーツとリュートのリチャード・ストーンがフィラデルフィアで創設した「海の嵐」という、ヴィヴァルディの作品のタイトルを名前にした団体は、この6曲を演奏するにあたって、ヴァイオリン、フルート、リュート、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロ、チェンバロという、メンバー全員が万遍なく演奏に参加できるようにしています。その結果、この曲集はそれぞれにヴァラエティに富んだ個性を持つことになりました。そんな編曲を試みたのは、リュートのストーンです。
この6曲は、全て急-緩-急という、イタリア風の協奏曲の3楽章形式をとっています。これは、いわばエンタテインメントにもつながる形式なのではないでしょうか。そう言えば、どの曲も、心なしかバッハにしては親しみやすいテーマが現れて和みます。なんたって、BWV525のテーマは「ドミソ・ドファラ」という分かりやすさですから。
そのBWV525ではアルト・リコーダーとヴァイオリンが上の2つのパートを担当するという、スタンダードな編曲プランがとられていて、異なる発音体によるメロディ楽器の対話が存分に楽しめます。ここでは真ん中のゆっくりとした楽章での、シンプルなメロディ・ラインをお互いの楽器がどれだけ飾り立てるかという「バトル」が聴きものでしょう。
そんな「まっとう」な編曲の後に、このバンドならではの面白い楽器の組み合わせが続きます。BWV526では、2本のヴァイオリンと、チェロとリュートによる低音という、ちょっと平べったい編成で演奏されています。「対比」よりは「融合」を目指すというコンセプトなのでしょうか。ただ、この低音があまりにもユル過ぎるのが気になります。それは、カリーナ・シュミッツのチェロの、ちょっと歌い過ぎてリズムが甘くなってしまうという「クセ」のせいなのかもしれません。彼女は、次のBWV527で担当しているガンバ(しかも、ここではトラヴェルソとともにメロディ楽器)で頑張る方が性に合っているのではないでしょうか。
最もぶっ飛んだ編曲プランは、最後のBWV530で披露されます。クレジットではD管のソプラニーノ・リコーダーと2本のヴァイオリンがメロディ楽器となっているので、どのようにパートを割り振るのかと思っていたら、ソリスティックでとても目立つ部分だけをソプラニーノ・リコーダーに吹かせて、まるで協奏曲のように華やかな曲に仕上げていましたよ。これはすごいアイディア、なかなか楽しめます。

CD Artwork © Chandos Records Ltd
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-06-18 00:08 | フルート | Comments(0)