おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
モーツァルトの「レクイエム」の練習が始まりました。
 ニューフィルの演奏会の写真をアップして、それを公表したら、もう60人以上のアクセスがありました。基本的にパスワードを知っている人しかアクセスできないので、この数字は結構すごいものなのではないでしょうか。もちろん、出演者であるピアニストのヤスィンスキイさんにはすでにそのパスワードを一緒にしてURLを教えてあげたのですが、それを見てこんな返事を下さいました。
素敵な写真をこんなにたくさん、ありがとうね。この中の何枚かを、フェイスブックで使いたいんだけど構わないかい?その時は、君の名前も一緒につけるよ。

 もちろん意訳ですが、まあこんな意味のメッセージでした。名前を付けてくれるのはありがたいのですが、あれが全て私が撮ったものとは限らないので、まあ「Sendai New Philharmonic」ぐらいにしておいてよ、と返信しておきましたけどね。そのうち、ニューフィル印の写真が世界中に流れることでしょう。
 そんなニューフィルの仕事も一段落した頃に、しばらく合唱漬けになることになってしまいました。私にとっては1年半ぶりとなる合唱モードですが、なんだかおとといあたりからすこし風邪気味で喉の調子があまり良くありません。葛根湯を飲み続けてなんとか大事に至らないようにしていましたが、今朝になっても本調子ではなく、少し不安が残ります。
 今日の会場は本番を行うところで、自宅からはすぐ前の道路をまっすぐ進めば着いてしまうという絶好のロケーションですから、早めに出たらあまりにも早すぎたので、その近くの雑貨屋さんで少し時間をつぶします。

 ここには、GENEVAのスピーカーが展示してあるんですよね。

 そこのほんのお隣にあるのが、その会場のホールです。

 中は、1000人以上収容できる立派なコンサートホールでした。すでにステージには山台が組んであり、その上には椅子が用意されています。

 この合唱団は、1年前にヴェルディを歌ったメンバーが中心になって結成されたものですから、知り合いがたくさんいます。東京や盛岡から参加する人もいるみたいですが、今日のところは仙台勢だけで、半分ぐらいの出席です。同じ合唱団でも、ヴェルディの時とは指揮者が違っていますから、練習はとても新鮮、このモーツァルトの「レクイエム」を歌うのは初めての人もいるので、まずはきっちり音取りから始めるという、まさにあるべき姿でした。私だって、ほとんどぶっつけで1回歌っただけですから、殆ど初心者、こういう練習がどれほどありがたいか。まずは基本を固めておけば、あとはどんどんうまくなって行くはずです。

 これは、他のパートの練習をやっている時に抜け出して撮った写真ですから、当然私は入っていません。これをFacebookにアップしたら、「び」さんが私がいないことに気づいてコメントを寄こしました。

 そうしたら、すぐさまこのコンサートの主催者で私の昔からの知り合いのTさんが、こんな、私が入っている写真を投稿してくれましたよ。つまり、私としては、この合唱団と、Tさんとのダブルのつながりで、歌うことを決めたのでした。来年の3月まで、楽しい練習が続きそうです。普通に歌っていたら、喉もすっかり良くなっていましたし。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-11-09 22:08 | 禁断 | Comments(2)
Commented by とある合唱団員 at 2014-11-10 00:15 x
お疲れ様でした。今日、参加した者です。
全部参加はできませんが、できる限り参加したいと思ってます。
3月までがんばりましょう。
よろしくお願いします。
Commented by jurassic_oyaji at 2014-11-10 07:56
お疲れ様でした。
私も、最低3回は休む予定です。よろしくお願い致します。