おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
特約ゆうメール
 なにげなく使ってきたものが突然おかしくなったりすると、パニックに陥ることはよくあります。実は、おとといこの「禁断」を書き終ったあとで、それをサーバーにアップしようと思ったら、ホームページ作成ソフトのファイル転送機能が全く作動しなくなっていたのですよ。
 つまり、ソフトに付属しているFTPの転送設定が、全て消えてなくなっていたのですね。これには焦ってしまいました。今のところ、私がホームページ用に使っているサーバーは4つぐらいあるのですが、それぞれの設定データは職場に置いてあるので、自宅では分からないのですね。ただ、そのうちの2つは別のFTPソフトでも設定してあるので、それを見れば修復は出来るのですが、肝心の「Jurassic
Page」を送っているサーバーと、「禁断」のバックナンバーが入っているサーバーはそこにはありません。翌日まで待たないと、更新が出来ないのでしょうか。
 FTPの設定に必要なのは、「サーバー名」と「ユーザーID」と「パスワード」です。「3本の矢」ですね(何とおぞましいたとえ)。「JP」の場合、IDとパスワードはなんとか思いだしましたが、肝心の送り先の住所であるサーバー名が、いまいち分かりません。これは、そのサーバーの名前に「ftp」とか「upload」といった文字列を加えたものなのですが、そのどちらだったのかがはっきりしないのですね。でも、そういうものは普通はサーバーのサイトに表示されているはずのものですから、そこに行ってくまなく探したら、やっと見つかりました。それで設定を行い、転送したら見事に成功、とりあえず「JP」本体の更新はつつがなく終わることが出来ました。
 しかし、そこからリンクしている「バックナンバー」は、もう普段は全く使わないところですし、いつの間にか経営母体が変わってしまって、サイトにログインするパスワードも変えられていますから、これは職場に行って調べないことにはどうにもなりません。ということで、そこだけは1日遅れの更新となってしまいました。まあ、そんなこと、気が付いた人なんかは絶対にいないと思いますがね。
 いずれにしても、いつも殆どルーティンで何も気にしていないうちに身についてしまった手順を、こんな風に急に変更しなければいけなくなるというのは本当に面倒くさいものです。出来れば、こんなことはしなくてもずっと同じことばかりやっていられればいいのですがねえ。
 職場の方でも、今までずっとやって来たことを、少し変更しなければならなくなりそうです。だいぶ前ですが、毎年定期的に発送している顧客あての郵便に目をつけて、郵便局の人が「もっとお安く出来ますよ」などという話をもってきました。うちのように一度に大量に発送するところでは、ゆうメールを安くしてもらえるのだそうなのですよ。普通の郵便もゆうメールも、同じ郵便局(というか、日本郵便)がやっていることなので、そんなことしたらかえって自分の首を絞めるようなことになってしまうのでは、と思うのですが、実際はヤマトのゆうパックなどに郵便がどんどん取って代わられているので、そこまでしないとやって行けないような状態らしいのですね。そりゃそうですよ。ちょっと大きなものを送ったりすると、郵便では倍近くの料金になったりしますからね。
 まあ、話を聴いてみると確かにサービスはそんなに変わらないのにかなり料金は安くなっているので、とりあえず1年間の契約を結んでみました。その間に500通以上発送するのが条件ですが、そんなのは楽勝です。なんせ、これだと今まで「区内特別」で割引されていたものよりもさらに安いのですからね。しかも、こちらは原則こちらまで取りに来てくれるというのですよ。思いっきり低姿勢、ほんとにそんなのでやって行けるのか、と思うほどの大サービスです。ただ、出す時にはこんなスタンプを押さないといけません。

 でも、これもちゃんとシールを作って、2000枚分ぐらい持ってきてくれましたよ。そこまでやるのなら、本体の郵便の方をもっと値段を下げればいいのにな、と思うと同時に、こんな無理のあることは到底長続きはしないのではないか、という気もしてきました。まあ、その時は元のやり方に戻るだけのことですから、まずはちょっといつもとは違う手順を、楽しんでみるとしましょうか。と言っても、実際に変わるのはこのシールを貼ることだけですけどね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-11-21 21:24 | 禁断 | Comments(0)