おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
クリスマス・コンサート
 サイト版「禁断」のタイトルは、必ずカタカナでその日の書き込みに関係のある単語にするという暗黙の「掟」があるのですが、さすがに前回のは分かるはずの人にも分からないほどの高難度のものでした。ということは、普通の人にはまず分からないということになりますから、分からなかったといって落ち込まないでください。
 今日は、それとは全く関係なく、私の妹が入っている合唱団のコンサートに行ってきました。同じ合唱団に今まではもう一人知り合いが入っていたのですが、今回はお休みでしたね。前半はちょっとお固い合唱組曲を2つ、後半はぐっと砕けてクリスマス関係の曲で盛り上げるという構成です。なんたってこの合唱団のリーダーが、そういうイベントやショーの企画などを手掛けている人ですから、楽しませてくれることでしょう。
 開演前に例によって「注意事項」のアナウンスがありましたが、その中で「写真撮影」については、「フラッシュやシャッター音など、まわりの人の迷惑になる撮影はご遠慮ください」という、非常に分かりやすいものでした。これでいいんですよ。というか、これは誰が考えてもやってはいけないことですからね。逆に言えば、フラッシュを焚かず、音さえたてなければ写真は撮っても構わないということです。これがアマチュアの演奏会の「常識」なのではないでしょうか。

 そんなわけで、「音」に関してはちょっとミラーレスならではの引け目があるので、極力拍手の間とか音楽が盛り上がったところだけ撮影することにして、何枚かの写真を撮ることが出来ました。その中の、後半のステージのクライマックス、これは「Let It Go」を歌っている時ですが、まさにサビの部分でこんな予想通りの演出を見せてくれました。このコンサートホールをほぼ埋めたお客さんは、いかにも12月ならではのプログラムに大満足だったことでしょう。
 終わって外に出たら、向かいの森林公園がうっすら雪景色、コンサートの間に雪が降ったようですね。結構降ったみたいで、道路の雪はもう溶けていますが走っている車の中には屋根にだいぶ積もっているのもありました。私の車は駐車場の中だったので、何の影響もありませんでしたが。いよいよ本格的な冬に突入ですね。
 そこで、この間見てきた堤町のイルミネーションをもう1回見てこようと、現地に行ってみたら、なんとそこには警備員が2人も配置されていて、すぐ向かいの駐車場には入れないようになっていましたよ。まあ、確かにこれがかなりの渋滞の原因にはなっているようですから、仕方がないのかもしれませんが、こうなるとあんまり有名になるのも考えものですね。仕方がないのでちょっと遠くまで車を置いてきて、まずはこの間気がかりだった「楽譜」を見てみましょうか。

 予想通り、これは全く何の意味もないただの「飾り」でした。とは言っても、それでこの壮大なイルミネーションの価値が下がるわけでは決してありません。なんせ、下から上がってくると、はるか前のあたりからでもそのてっぺんが見えるぐらいの高さがあるのですからね。なんでも、これを作るためにクレーンまで用意したというのですから、気合が入っています。
 しばらく見ていると、真ん中のツリーの色が定期的に変わることに気づきました。

 それにしても、このLEDを1個1個取り付けるのには、どんだけの手間がかかっているのでしょう。すごいですね。
 あ、今日のサイトのタイトルはベタでした。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2014-12-13 21:50 | 禁断 | Comments(0)