おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
Deutsche Barocklieder




Annette Dasch(Sop)
Membres de l'Akademie für Alte Musik Berlin
HARMONIA MUNDI/HMN 911835



ルネ・ヤーコブスが録音した「フィガロの結婚」のCDは、これほど手放しで褒められるのも珍しいと思われるほど、各方面で絶賛されたものでした。もちろん、わが「おやぢの部屋」でも褒めまくっていたのはご存じの通りです。ところで、そのヤーコブスが、パリのシャンゼリゼ劇場でこの作品を上演した模様が、最近テレビで放映されましたね。バロックの絵画で彩られた舞台装置と、ジャン・ルイ・マーティノティの軽快な演出がヤーコブスの音楽と見事にマッチした、素晴らしいステージでした。ただ、オーケストラがコンチェルト・ケルンなのは同じですが、キャストはケルビーノのキルヒシュラーガーを除いてはCDとは総入れ替えになっていました。その中でちょっと気になったのが、伯爵夫人を演じていたアンネッテ・ダッシュです。およそ「伯爵夫人」らしからぬ蓮っ葉な物腰は、例えば第2幕の最初のモノローグでヒステリーを起こして手当たり次第に食器を投げつけるというショッキングな演出には見事にハマってはいたものの、やはりこの役としては違和感を抱いてしまうものでした。
実は、彼女はオペラの他に、バロックあたりの声楽曲の分野でも盛んに活動しているということを知り、そんなドイツのバロックの歌曲ばかりを集めたこのアルバムを聴いてみる気になりました。HARMONIA MUNDIのいわば「新人紹介」といった趣のシリーズ、しかし、これはなかなか手のかかったアルバムです。まず全体を、「愛」、「移ろいゆくもの」、「平和」、「自然」、「幸運」という5つのコーナーに分け、それぞれのテーマに沿った作品を数曲ずつ歌うという趣向です。最初の「愛」で、すでにダッシュの魅力は全開となります。一口に「バロック」と言っても、時代によって様式は大きく変わっていますが、この中ではもっとも「古い」ハインリッヒ・アルベルトの、まるでシュッツを思わせるような端正な歌い口に、まず引き込まれます。と思うと、次のかなりバッハあたりに近い時代のヨハン・クリーガーの作品ではうってかわった軽快さが味わえます。彼女の魅力はなんといってもリズム感の良さでしょう。このコーナーでは喜びにあふれた技巧的なコロラトゥーラがふんだんに使われていますが、それがいとも軽やかに処理されているさまは爽快感すら味わえるほどです。
これが、次のコーナーへ進むと、ガラリと印象が変わってしまうのですから、すごいものです。特に、フィリップ・ハインリヒ・エルレバッハの「私たちの人生はたくさんの苦悩に囲まれている」という曲で、ベルリン古楽アカデミーのメンバーによる、一音一音かみしめるまるでため息のような伴奏に乗って、切々と歌い上げる場面は真に心に迫ってくるものがあります。決してこの時代の様式を逸脱しない、しかし、その中で最大限のエスプレッシーヴォを披露しようという、まさにバロックリートの真骨頂を味わう思いです。「自然」のコーナーでは、同じハインリッヒ・アルベルトの作品を、全く違う歌い方で歌うという離れ業も見せています。これは、当時の歌を表現する際の可能性の幅を自ら示してみたもの、と見ました。最後のコーナーは、ご想像のようにまたもやコロラトゥーラの応酬、最後の曲には「合唱」まで入って、にぎやかに幕を閉じるというもの、このアルバム1枚でこの時代のリートの様々な表情を、完璧に伝えきっている素晴らしい仕上がりになっています。
これを聴けば、ヤーコブスがなぜ彼女を伯爵夫人に抜擢したか、分かるような気がします。事実、テレビで見た「フィガロ」では、外見こそミスキャストでしたが歌の方は完璧に指揮者の要求に応えていたのですから。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2005-07-20 20:58 | 歌曲 | Comments(0)