おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
チラシのゲラ
 ニューフィルの4月末の演奏会のチラシのゲラが出来上がってきました。3ヶ月以上前なのでずいぶん早いのでは、と思われるかもしれませんが、最近はこういうスケジュールがすっかり定着しています。なんたってプロのデザイナーを団員として抱えていますから、もうビジネスライクにきっちりと作業工程が提案されて、それに従っていれば充分な宣伝期間を取ることができるようにチラシやポスターが出来上がってきます。そして、毎回そのクオリティの高さに感心させられているのです。曲目のイメージを的確に表現したデザインは、団員にも、そしてお客さんにもいつも大好評です。
 今回は、いつもの「定期演奏会」ではなく、「スプリングコンサート」というタイトルの演奏会になっています。たまにはそういうコンセプトの演奏会もやってみようということで、こういうことになりました。ですから、チラシのデザインもそれにマッチするように、かなり親しみやすいデザインになっています。ただ、その現物はまだ色々と手直しが必要なので公開は出来ません。それでも、デザインの中心となるコンサートのロゴだったら、もうお見せしてもいいでしょう。こんなんです。

 いかにも「春」らしい、爽やかな色合いがいいですね。
 それとともに、この演奏会ではよりその内容を知ってもらおうということで、「サブタイトル」あるいは「キャッチ・コピー」というものをタイトル以外に設けることが決まっていました。しかし、演奏会のコンセプトを端的にあらわしたコピーなどというものは、いざ作ろうとすると我々シロートには難しいものであることが分かりました。一応団員にもアイディアを出してほしいと告知したり、技術委員会で話し合ったりしたのですが、なかなか「これ」というものが出てきませんでした。かくなる上は、と、以前新田さんの演奏会の時にいつの間にか「北欧の響き」という素敵なコピーが入ったチラシを作っていたデザイナーさんにお任せしようということになりました。困った時の「丸投げ」ですね。でも、彼女だったらきっと期待にこたえてくれることでしょう。
 ですから、夕べ送られてきたゲラの画像では、いったいどんなキャッチが出来ているのかが、真っ先にチェックしたところです。なんたって、それが一番気になっていましたからね。それは、こんな感じでした。

 なるほど、こうきましたか。ルビを使うなんてちょっと反則っぽいところがありますが、さすがはプロの仕事ですね(漢字のルビはウェブサイトでは表示できないので、画像をそのまま使いました)。これだったら、内容がコンパクトに伝わるような気がします。ご苦労様でした。スケジュール通りだと、今月末には印刷が出来上がってくるはずです。まあ、その前にはこちらでチラシの完成版をご紹介できるでしょうから、楽しみにしていてください。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-01-17 21:07 | 禁断 | Comments(0)