おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
セヴィリアの理髪師
 今は「おと休」の期間中です。「なにそれ?」と言われそうですが、このキャンペーンの間は17,000円で4日間JR東日本の列車が乗り放題、指定席も6枚まではただで付けられるという、お馴染みのものです。
 東京まで往復すればそれだけで元が取れますし、2回、3回と使うほど、お得感は増してゆくという優れものです。
ですから、この時期になると用もないのに東京に行きたがる人が増えるので大変。
 というわけで、私もきのうと今日、行ってきましたよ。いや、私の場合はちゃんとした目的がありました。それは、出来たばかりのニューフィルのコンサートのチラシを、東京の人目に付きそうな場所に貼ってくるというミッションです。
 その成果には著しいものがありました。ご覧ください。きのうは紀尾井ホール、

 今日は四季劇場「夏」に貼ってこれましたよ。

 それと一緒に、きのうはこんな

 ものすごい行列が出来る神田のそば屋さんにも行ってみました。まあ、確かにおそばもつけ汁もおいしかったのですが、一緒に頼んだかき揚げは値段の割には大したことはありませんでしたね。

 それと、このせいろ(せいろう)はあまりにも量が少なすぎ。まあ、あくまで話の種ですから。
 本当は、今日は別に出かけようとは思ってなかったのですが、夕べネットでなにか仙台では見れないような映画でもやっていないか探してみたら、METのライブビューイングが3時から東劇であることが分かりました。仙台では何度か見たことがあるのですが、音に関してはかなりの不満があったものですから、東京の映画館ではどうかな、ということで1回はここで見て(聴いて)みたかったのですよね。ここはネットですぐチケットが買えるようになっていますが、なんせ昔の映画館ですから床はほぼフラット、前の人の頭を気にしたくなかったら、真ん中の通路の後の席がベストだという情報があったので見てみたら、こんな感じで確かにそこはすぐに売れてしまいます(グレーの座席)。これは明日の分の、数時間前の状況ですが、きのうは右端が2席空いていたので、その右から2つ目を取りました。つまり、夕べの段階ですでにチケットは入手していて、3時から6時までの予定は確定していたのですね。

 ですから、今日はそれまでは銀座のヤマハなんかに行って、3時少し前に東劇に着いて、送られてきたバーコードで、すぐチケットの現物がもらえました。窓口には、結構の人が列を作っていましたから大正解。仙台とは比べ物にならないぐらいの人が入っていましたね。ロビーが広いので、休憩時間はまるで本物のオペラの幕間みたいな感じでした。これも、仙台では絶対に味わえないものです。

 実際はスクリーンの位置がかなり高いので、後に座ってもちゃんと画面は見えるようでした。肝心の音の方は、そんなにいい音ではないものの、仙台よりははるかにマシなものでした。とりあえず、全然ストレスを感じることはありませんでしたし。METの若手が演じたアルマヴィーヴァとロジーナがとても良かったですね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-01-25 23:04 | 禁断 | Comments(0)