おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
アラウンドビューモニター
 私の車が車検の時期を迎えました。もうかなり乗っているので、ディーラーの担当者は、「車検を機会に、新しい車に」と熱心に勧めてくれます。もういったい何度見積書やらカタログやらを持ってきたことでしょう。でも、私としてはまだもう少し乗っていたいので、今回の車検はきっちり受けますよ、と伝えたら、その仕事熱心な担当者は別にがっかりした様子も見せずに、「まあ、いつでも気が変わったら言ってください」と、タフなところを見せ付けます。
 それで、代車に、と持ってきたのが、軽の「デイズ」です。それに乗ってみたら、いったいこれが軽なのか、と思えるほどの大きさ、運転席の広さなんかはいま乗っているノートとそんなに変わらないですよ。いや、天井なんかはずっと高いですね。そこで、担当者が言ったのが、「アラウンドビューモニターもついていますから、試してみてください」というセリフです。確かに、この車だと嵐が盛んにCMに出てアピールしてますよね。二宮君が屋根の上に乗って周りを見回しているというやつですね。あれは、なかなか便利なものなのでは、と、いつも思っていましたよ。
 それで、さっそくそれを試してみます。ギヤをバックに入れると、ルームミラーの中にその「アラウンドビュー」と「バックモニター」の映像が並んで表示されます。確かに、これだと真上から見下ろしている感じですから、車庫入れなんかは楽ですね。
 でも、バックモニターは車体の後ろにカメラが付いているのだろうな、というのはわかるのですが、このアラウンドビューはいったいどこから撮った映像なのでしょう。最初に想像したのが、例のストリートビューのカメラです。
 こんな感じで屋根の上に360°のパノラマカメラを乗っけて、あの画像を集めているのですが、車の上を見てみても、そんなものはどこにもついていませんよ。もしかしたら、衛星画像?とか思ってしまいましたが、これは外でなく、屋内の駐車場でも表示されますから、それはあり得ません。それとも、建物を透過する衛星カメラ、とか。
 結局、ネットで解答を見つけてしまったのですが、カメラはやはり車体についていました。後ろと前はエンブレムの下。
 横は、なんとドアミラーの下にカメラがあったんですね。
 それにしても、エアコンはタッチパネルになってますし、いつの間にか車の内装はずいぶん様変わりしているようですね。車なんて本質的なものはそんなに変わるはずはないと思っていましたが、別の方面でいろいろ工夫が進んでいるのですね。そういえば、今日の練習を終わって帰ってくるときに、いきなりブザーが鳴って、モニターに雪のマークが出てきましたよ。確かに雪が降ってきたのですが、そんなマークを出されてもいったいどうしたらいいのかわかりませんよ。運転に注意しましょう、みたいな気遣いをしてくれているのでしょうか。なんか、いらぬおせっかい、という気がしませんか?あとは、車庫入れなんかの時にはシートベルトを外したいのに、そうすると警報が鳴りっぱなしになってしまうんですよね。そんな煩わしいものが付いているんだったら、ずっと今の車のままの方がいいな、と思ってしまったのでは、担当者の目論見は見事に外れてしまったことになりますね。でも、いつの間にか前にもらったカタログを取り出して、眺め始めている私。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-03-10 23:44 | 禁断 | Comments(0)