おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
BACH/St Matthew Passion(BWV 244b)
c0039487_21130888.jpg

Charles Daniels(Ev)
Peter Harvey(Jes)
Peter Seymour/
Yorkshir Baroque Soloists
SIGNUM/SIGCD385




以前からおなじみのヨークシャー・バロック・ソロイスツの創設者であるPeter Seymourのことは、ずっと「ピーター・セイムーア」と表記してきましたが、このラストネームのスペルは先日亡くなった映画俳優「フィリップ・シーモア・ホフマン」と同じものだったことに気づき、今後は「ピーター・シーモア」と呼ぶことにしました。楽しい人なんでしょう(それは「ユーモア」)。なんせ彼は、このところ立て続けにこのレーベルからバッハの作品を出しているというブレイクぶりを見せていますから、きちんとしておかないと。
もちろん、この指揮者とアンサンブルの名前を知ったのはモーツァルトの「ドゥルース版」の初演者としてですが、その楽譜を作ったダンカン・ドゥルースは当時はこの団体のコンサートマスターを務めていました。しかし、ちょっと前に「ヨハネ」を録音した時には、もはや彼の名前はなかったので引退したのか、と思っていたら、今回の「マタイ」にはヴィオラ奏者としてクレジットされていましたよ。まだご健在だったのですね。というか、「ヨハネ」ではヴィオラは1人しかいなかったので、別の人が参加、今回はそれが2人になったので、ドゥルースの出番もまわって来たということなのでしょう。
そんな少人数のオーケストラ、今回はすべてのパートが一人ずつという、最小の編成になっていました。合唱はそういう編成でも、大概ヴァイオリンぐらいは1パート2人ぐらい居ますから(たとえばクイケン盤マクリーシュ盤バット盤)、これはオーケストラに関しては史上最少の編成となっているのではないでしょうか。
そして、シーモアは「ヨハネ」では20人ほどの大きな合唱を使っていたものが、今回はオーケストラと同じように1パート一人にしています。もちろん、メンバーはソロも歌います。ただ、エヴァンゲリストは合唱には参加しませんし、1曲目にだけはソプラノのリピエーノが3人ほど加わっています。ですから、おそらくこれはそういうことを提唱したジョシュア・リフキンのプランによる4番目の録音ということになります。
さらに、ここでは一般的に広く用いられているバッハ自身によって改訂された1736年稿(BWV 244)ではなく、1727年に作られたとされる「初期稿」(BWV 244b)が使われています。これも、ビラー盤に続く2番目の録音という、いろいろな面で他のものとは異なったところのある「マタイ」のCDです。
もっと言えば、演奏時間が153分33秒というのも、おそらく知る限りでは最速の演奏になるのではないでしょうか。今までの「最速」はシャイー盤の160分10秒でしたからね。第1部の最後、29番の合唱が、この版では5分ほど短くなっていますが、それを考慮しても「最速」であることに変わりはありません。
この「初期稿」の楽譜は、2004年にベーレンライターから出版されています。ビラー盤はそれを使って初めて録音されたものだったのですが、今回のシーモアはそれを使わず、現存する初期稿のコピー(バッハの自筆稿は失われています)からシーモア自身が校訂した楽譜を使っているようです。そこでは、ベーレンライター版には書かれていない、本来演奏する時には付けられるはずの装飾が、生き生きとよみがえっています。おそらくこれが、このCDの最大の魅力でしょう。
演奏時間があらわすように、最初や最後の大合唱は非常にさっぱりとしたテンポになっていますが、コラールまでそれでやられると、ちょっと辛いものがあります。アリアは、20番のアリアを歌っているテノール以外はそれぞれに力のある人たちで、特にイエスも歌っているバスのピーター・ハーヴェイの慈愛に満ちた歌は感動的です。とは言っても、やはりこの人数の合唱は完璧に物足りません。かなり録音でカバーしているところはあるのですが、第2コーラスなどはそもそも男声と女声のバランスが悪いので、どうしようもありません。
(*コメントにあるように、「最速」はヤーコブス盤でした)

CD Artwork © Signum Records Ltd
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-03-27 21:16 | 合唱 | Comments(2)
Commented by HIPPO at 2015-03-27 23:07 x
こんばんは。
自分の知る範囲では、ヤーコプス盤が152分36秒で最速かなー、と思います。
良い録音(マルチチャンネルの再生環境が欲しい)で、リュートの全面的な使用など個性的なところもある力演です。結構好きです。
Commented by jurassic_oyaji at 2015-03-28 08:07
HIPPOさま。
そうでした!ヤーコブスを見落としていました。独特の音場設定にばかり目が行って、そんなに速いという印象はなかったものですから。