おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
宮学から桜ヶ丘生協までは遠かった。
 指揮練は無事に終わりました。いつも笑いが絶えない、とても楽しい練習でしたね。中でも最後の「13」は最高に笑えましたね。何のことか、とお思いでしょうが、「カルメン」の「衛兵の交代」で途中から返すときに、マエストロが練習番号を使って「『13』から」とおっしゃったのですよね。でも、パート譜には小節番号しか書いてないので、ちょっと「どこ?」という空気になりましたが、ちょうど区切りのいいところがすぐにわかったので、みんな迷いもなくそこから始められました。そうしたら、誰かが「そこ、『B』じゃないですか?」と言い出しました。マエストロもそれを認めて「ちょっと隙間の空いた『B』ね」ということで、みんなで大笑いです。
 あとで、その「Bでしょ?」といった人がネットに画像を載せていましたが、それは手書きで「B」でしたから、確かに「13」に見えてしまいましたね。私の手元にも、それと同じ楽譜をこっそり作ってもらったものがあるので、よくわかります。
 でも、これは日譜のスコアのコピー(ページ数も同じ)なのですが、そのオリジナルにはそんな記号はないんですよね。
 つまり、この手書きの「B」を入れたのと同じコピーを、マエストロが使っていた、ということですから、なんという偶然としか言いようがありません。
 そこでソリストさんたちと「カルタ」を練習しているときに、マエストロとソリストの楽譜が違っていることが分かりました。マエストロはドーヴァー版でこちら。
 ソリストが使っていたのはシャーマー版だということですが、どうやらそれはアルコア版と同じになっているようで、これがアルコア版です。
 フラスキータ(上段)とメルセデス(下段)が完全に入れ替わっていますね。あとでドーヴァー版をよく見てみたら、とても不思議なことに、このような一人だけで歌うところと、二人一緒に歌うところとでは、パートが完全に上下逆になっているのですよ。つまり、デュエットで上のパートを歌っていたフラスキータが、ソロになると突然低い方のパートに変わっているのですね。シャーマー版ではそこが直っていたのでしょうし、歌う方でもその方が自然ですからそのまま歌っていたんですね。もちろん、アルコア版もそういう「正しい」形になっています。結果的に、このソリストが取った形で本番も歌うことに決まったようなのですが、そうなるとちょっとした問題が出てくることになりました。プログラムに載せる歌詞対訳には、ギロー版のCDについてきたものを使っているので、その配役が「間違って」いるのですよ。まあ、まずいないとは思いますが、これを見ながら聴いていて、おかしいなと思う人がいないとも限りません。そこで、その部分の配役を直してもらうことにしました。
 しかし、なぜか、「アルコア版に準拠」しているはずの音友の対訳本が、しっかりギロー版の配役になっているのですよね。これは不思議、というか、今まで気づいた人は誰もいなかったのでしょうか。さらに、アルコア版で録音したはずのラトル盤のCDの対訳でも、やはりギロー版になっているのですよね。それだったら別にうちのプログラムを直す必要もなかったような気もしますが、もしかしたらこれが日本で最初の「正しい」対訳になってたりして。
 ところで、日曜日はお昼が間に入るので、当然お昼ご飯をそこで食べることになるのですが、私は急いで家を出てすっかり昼ご飯を買うのを忘れてしまいました。そこで、みんなが芝生の周りでのんびり食べているのを尻目に、外に出てコンビニに行こうと思って歩き出しました。確か、ちょっと遠いけど道沿いにセブンがあったはずですから。
 しかし、どうやらそのセブンはつぶれてなくなっていたようでした。その先は行けども行けどもコンビニなんかありません。とうとう、桜ヶ丘の生協まで来てしまいましたよ。帰りも歩いてきたので、ホールに着いた時にはもうチューニングが始まっていました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-03-30 21:46 | 禁断 | Comments(0)