おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
ROSING-SCHOW/Alliages
c0039487_21064604.jpg

Helen Gjerris(MS), Jeanette Balland(Sax)
Mathias Reumert(Perc), Jesper Sivebreak(Guit)
Andreas Borrengaard(Acc), Asbjørn Nørgaard(Va)
Hélèna Navasse, Svend Melbye(Fl)
DACAPO/8.226580




デンマークの作曲家、ニルス・ロシング=スコウの小規模な編成による作品を集めたアルバムです。1954年に生まれたロシング=スコウは、コペンハーゲン大学の音楽学科を経て王立音楽アカデミーで作曲を学びますが、その後のフランスでのクセナキスのユーピック・アトリエにおける体験が、彼の作風に大きな影響を与えることになりました。ちなみにユーピック(UPIC)とはタブレットで線を描いて音楽を作りだすコンピューターのことで、現金が送れない郵便物ではありません(それは「ユーパック」)。
このアルバムのタイトル「Alliages(合金)」は、ここで演奏されている2つの作品のタイトルでもありますが、そんなフランス的なものと、北欧的な資質の「融合」という作曲家自身のスタイルをあらわすタームという意味も持っているのでしょう。
その「合金」の「1」は2010年に作られた、テナー・サックスとアコーディオンのための作品です。この2つの楽器は付かず離れずというスタンスと取り合いながら、ある時は緊張感あふれる時間を共有し、ある時はもっと開放された軽やかな時間も提供してくれています。ここで、録音としての空間の処理が非常にユニークに感じられるのは、アコーディオンの音像を左右に広々と設定しているために、まるで2つの楽器で演奏されているように聴こえてしまうからなのでしょうか。というか、ちょっと一人の演奏者とは思えないようなところもあるので、もしかしたら多重録音のような気もするのですが、それは知りようがありません。ここでは、アコーディオンの「空気抜き」の音までもが音素材として扱われていますね。
もう一つの「合金」は、なぜか「1」より前の2008年に作られたのにタイトルは「2」となっています。こちらはアコーディオンとヴィオラという組み合わせ、「1」よりもリズミカルな部分が多く、それぞれの楽器が何か真剣勝負を挑んでいるような切迫感があります。それとは別に、互いに寄り添った「ホモフォニック」な部分が挟まって、対比を見せています。
フルートのための作品も2つ。まずは、2014年に行われたカール・ニルセン国際フルートコンクールのセミ・ファイナルでの課題曲(ファイナルの課題曲は当然ニルセンの協奏曲)として作られた「...aus atem...(...息によって...)」というソロ・フルートのための曲です。まるで尺八のようなムラ息の多い音色などが要求されている、単なるテクニックではなくもっと根源的なスキルが問われる作品です。多くの現代奏法が用いられていますが、それらにきちんとした意味を持たせられるかどうかが、審査の上でのポイントになっていたのではないでしょうか。武満の「Voice」にも匹敵するほどの深みを持った作品です。
もう1曲は1991年の「Ritus(儀式)I」です。こちらは打楽器奏者とのデュオ、最初はビブラフォンやグロッケンのような鍵盤系とフルートがまったりとモーダルなフレーズで絡み合い、呪術的な雰囲気を醸し出しますが、フルートの高音のパルスを合図に、ノリのいいドラムが登場、狂ったように激しいお祭りの踊りが始まります。
声のための作品も収められています。2007年に作られた「Nanu(熊)」というのは、グリーンランド語のタイトルで、音楽もグリーンランドの素材が用いられています。声といっしょにアルト・サックスがリズミカルな合いの手を入れ、バックでは打楽器奏者が「石」を叩いて軽やかなビートを刻んでいます。
2013年に作られた「Three Simple Songs」では、3人のデンマークの詩人のテキストによる、ほとんど断片のように切り詰められた「歌」が歌われます。これは、作曲家の若い時代に出会った「シンプル」な様式の音楽の回顧なのだそうです。
ここで伴奏をしていたギターによる「Lines」という、この言葉にさまざまの意味を持たせた3つの曲から成るやはり2013年の作品も聴くことが出来ます。パーカッシブな速弾きがあったかと思うと、グレゴリアン・チャントの引用があったりと、興味の尽きない音楽です。

CD Artwork © Dacapo Records
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-04-03 21:11 | 現代音楽 | Comments(0)