おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
チラシのキャッチコピーのせいで、ニューフィルのコンサートがブレイク!
 なんだか暖かいんだか寒いんだかわからないような日が続いていますね。お彼岸のころにはかなり暖かかったので、もう暖かい飲み物はいらないだろうと、自販機の「ホット」を終売にしてしまったのですが、昨日あたりはとても肌寒かったので、ぜひ暖かいコーヒーが飲みたかった、という人がいたりしましたね。まさかこんなに寒くなるとは思いませんでしたし、お彼岸が終わっても自販機で暖かい飲み物を買う人がいるとも思わなかったので変えてしまったのですが、やはりまだ「ホット」の需要はあったのでした。ですから、少しぐらい暖かくなってもしばらくは「ホット」を続けておけばいいではないか、と思われるかもしれませんが、そういうわけにもいかない事情がありまして。つまり、あまり知られてはいないのでしょうが、缶コーヒーなどは「ホット」にすると賞味期限がとても短くなってしまいます。それは、温め始めてから2週間以内に飲まなければならない、という基準です。正直、缶コーヒーのホットなどは、お彼岸が過ぎれば1本も売れない日が何日も続きます。下手をすると、その賞味期限中には売れないで残ってしまう商品がたくさん出てきてしまうのですね。そういうものは結局廃棄してしまいますから、それよりは潔く「ホット」の販売をやめてしまう方が、売る方としてはありがたいのですよ。もっとも、買う方にしてみればそんな事情は関係のないことなんですけどね。難しいものです。
 それでも、季節は確実に変わっていきます。職場の桜も、南に面した坂に沿って生えているものは、1週間ほど前にほぼ満開となっていました。
 今日あたりは北側の桜が満開、そして、この間ヤドリギがあることが確認された枝垂桜は、いつも通りまだまだ満開には程遠い咲き具合です。こんな風に、タイムラグを取りながら咲いたり散ったりしていますから、長い間楽しむことができますよ。
 そして、中庭と竹藪の間の湿地には、今年もミズバショウが咲きました。なんだか、少し数が増えたような気がしますね。
 こういう季節になれば、ニューフィルの本番も間近です。当日お客さんに配るプログラムも、いろいろ手直しがありましたが、ほぼ完成品が出来たので、関係者は最後のチェックです。私が見た限りでは、2か所ほど直したらいいのでは、というのが見つかりました。こういうものは、探せば探すほど何か見つかるもので、永遠に完成などできないのでは、と思ってしまうことがありますね。実は私が作っている「かいほうげん」も山場を迎えているのですが、やはりいくら見直しても何かしら直したいところが出てきてしまいます。でも、こちらは明日中にはすべて原稿が揃うはずですから、土曜日の発行予定はきちんと守られることでしょう。
 プログラムの方ですが、私のプログラムノーツのオマケとして、作曲家が別の人の作品から借用した音源を、QRコードを通して聴けるようにしてみました。ただ、前に書いたように、これだと音が出てくるので、演奏中に使われたりしたらちょっとまずいことになってしまいます。そうしたら、例の印刷担当のOさんは、こんな「警告文」を付けてくれました。うん、これだったら大丈夫でしょう。
 この演奏会のチケットは、先日のエイプリル・フールのネタのせいでしょうか、さらに売れ行きを伸ばしている状態になっているようです。プレイガイドからはさらに追加の要請が来ているのだそうですが、逆にあまり売れてしまうと当日券で入ろうとしている人が買えなくなってしまう事態も考えられるようなところまで行っているのだとか。痛し痒しですね。
 こんなにチケットが売れているのは、チラシにあったキャッチコピーのせいだ、とOさんは自画自賛していましたね。確かに、あのコピーは秀逸です。さすが、プロの仕事。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-04-14 23:53 | 禁断 | Comments(0)