おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
SHOSTAKOVICH/Complete Symphonies & Concertos
c0039487_20391390.jpg
Daniil Trifonov, Denis Matsuev(Pf)
Vadim Repin, Alena Baeva(Vn)
Gautier Capçon, Mrio Brunello(Vc)
Timur Martynov(Tp)
Veronika Dzhioeva(Sop), Mikhail Petrenko(Bas)
Valery Gergiev/
Orchestra and Chorus of the Mariinsky Theatre
ARTHAUS/107552(BD)




ショスタコーヴィチの交響曲全集のCDだったら、世の中には「売るほど」存在していますが、映像による全集、それも同じ演奏家の演奏を集めたものなどは、これが最初なのではないでしょうか。しかも、ここにはその15の交響曲だけではなく、ピアノ、ヴァイオリン、チェロのためにそれぞれ2曲ずつ作られた協奏曲までもが一緒に入っています。こんな全集は間違いなく最初のものですし、おそらくこれからも作られることはまずありえないでしょう。とんでもないものが出てきたものです。そんな「初物」ですからお店では飛ぶように売れたそうです。特に女性がたくさん買って行ったみたい(それは「ジョシノコーヴチュ」)。
このレーベルからは、かつてベートーヴェンの交響曲全集を一連のライブを元に作ったものが出てましたね。それはこちらで入手できますが、これもかなり売れたのではないでしょうか。というのも、これはオーケストラが来日した時のツィクルスをNHKが収録したもので、国内盤としてNHKからも同じ内容のものがリリースされていますが、それはこの輸入盤の3倍以上という価格設定のためみんなこちらの方を買ったのだとか。ただ、やはり国内ではNHKが販売権をもっているので、輸入盤を販売するのは反則なんですって。そんな「ぼったくり」を放置する方がいけないような気がしますがね。
今回のショスタコーヴィッチ・ボックスも同じように全てライブ録音、2013年1月に2回、2013年12月に3回、そして2014年2月に3回、いずれもパリのサル・プレイエルで行われた全部で8回のコンサートを収録したものです。そして、ライブ映像以外のボーナス・トラックとして、1時間程度のドキュメンタリー映像と、それぞれの曲の前にゲルギエフによる「前説」が入っています。
「A Man of Many Faces」というタイトルのそのドキュメンタリーは、それぞれの曲が作られた時代背景や、その時の作曲家の姿勢などをわかりやすく(つまり、あまり深く掘り下げることはなく)まとめたものですが、全ての作品について語られているわけではありません。そして、この中に登場するゲルギエフのインタビューは、それぞれの曲の「前説」と全く同じものです。演奏の映像もありますから、ほとんどこのボックスの「トレーラー」のようなものですね。
このボックスを購入した最大の理由は、「交響曲第7番」でのバンダの配置を見たかったからですから、まずはその前のゲルギエフの言葉を拝聴することにします。ネイティブではない英語での語りなので、結構聴き取りは楽、字幕がなくても言いたいことは素直に伝わってきます。と、この曲のレニングラード初演の時の話になったら、なんか日本語の字幕が変です。ゲルギエフは「And the whole world had a clear message. "You don't go to a victory in the country where people who are about to die are giving you a big première of a powerful symphony"」と言っているように聴こえますが、その部分を訳した字幕は、「この演奏により、世界は確かなメッセージを受け取りました。瀕死の音楽家が壮大な交響曲を演奏するような国に勝利などありえないと...」となっていました。これは、普通に読めば「ソ連が勝利を得ることはありえない」という意味にとれませんか?これだと、ゲルギエフが言っていることとは正反対の意味になってしまいますよね。きっと、英語にも日本語にも堪能ではない人がやっつけで作った字幕なのでしょう。
コンサートの本編は、例えば天井からのカメラとか、ステージの上の「手持ち」のカメラなどによる斬新なアングルが満載のエキサイティングな映像が堪能できます。ただ、肝心のバンダは、確かにどこに座っているかはよくわかりますが、それが音楽的にどのような活躍をしているのかを視覚的に知るというのは、この映像からは不可能でした。おそらく、映像ディレクターにとって、そんなことはさほど重要ではなかったのでしょう。

BD Artwork © Arthaus Musik GmbH
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-05-27 20:49 | オーケストラ | Comments(0)