おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
かやの木コンサート
 今日は職場でのイベントです。毎年この時期に行っている、まあ言ってみれば顧客の親睦会の年次総会ですね。そして、そこでのアトラクションとして「かやの木コンサート」という催しが、やはり毎年行われています。これは基本的には屋外のコンサートで、敷地内にある国の天然記念物「マルミガヤ」という大きなカヤの木の前が会場になるので、いつとはなしにそんな風に呼ばれるようになりました。
 そのコンサートに、ニューフィルの金管セクションのアンサンブルをお呼びしたのはおととしのことでした。それが好評だったので、今回も再度お願いすることになりました。とは言っても、メンバーはトランペットのHさん以外は全員入れ替わっています。それだけ、層が厚いということになりますね。しかも、おととしはノーネクタイのワイシャツ姿だったものが、今回はなんとお揃いの蝶ネクタイとカマーバンドという「おしゃれ」ないでたちですよ。
 まずは、このコンサート恒例の、社長の前説です。今回のテーマは「楽器紹介」、トランペットはうるさいので、ペットは飼えないとか、チューバは何か楽器が足らない時に呼ばれることが多い「ちゅうば(急場)しのぎ」の楽器だとか、とてもためになるお話なのに、それを聴いているメンバーたちからは何か笑いをかみ殺している表情が感じられるのが不思議です。
 クラシックの名曲など、Hさんの軽やかなMCに乗って、プログラムは進みます。前回も演奏した「七夕おどり」では、Hさんが「ご一緒に手拍子を」と言ったのを受けて盛大な手拍子が入っただけでなく、しっかりあの懐かしい歌を歌っている人もいたのにはびっくりですね。でも、ここに来ている大多数の世代の人たちにとっては、この歌は完全に愛唱歌として体に染みついているはずですから、これも当然のことなのでしょう。
 今回もとっても楽しんでいただけたようで、最後に総代さんからお礼の金一封をいただいたときには、つい口が滑って本音が出たのでしょう、「ヘタなお経を聴くよりも、よっぽどよかった」と、立場をわきまえない、でも、とてもうれしい発言も聞けました。しかし、なんということをおっしゃるのでしょう。受け取ったHさんのその時の複雑な苦笑は、見ものでしたね。ちゃんと写真を撮ったのですが、ここにはとても載せられません。
 それにしても、今日は暑かったですね。私の仕事としては扇風機をかけながらいらっしゃった人にお土産を配るという受付を建物の中でやっていたので、その時にはそんなに暑い気はしなかったのに、セッティングや撤去の時に外に出たらもうたまりませんでしたね。コンサートの写真もテントの中で撮っている分にはそこそこ風もあって涼しかったのに、全景を撮ろうと外に出たらやはりかなりのダメージを感じましたね。
 ですから、もう全部の仕事が終わった時にはのどが渇ききっていて、お客さんのために用意した冷えた麦茶をがぶ飲みです。「脱水症状」ですかね。家に帰っても、このところのお気に入りの「三ツ矢フルーツサイダー青りんご」ばっかり飲んでます。
 この「青りんご」最近はスーパーやコンビニでは全然売ってないので、ネットで箱買いしているのですが、最近のものは賞味期限がえらく短いので、調べてみたら、この500mlのタイプはすでに終売になっていたのですね。1.5lのはまだ売っているようですが、そんなのを一人で飲めるわけもありませんし。ですから、このストックがなくなった後には何を飲めばいいのか、本気で心配しているところです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-05-30 22:46 | 禁断 | Comments(0)