おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
タッチペン付きペンライト
 この前の職場の行事の時に、お土産が間に合わなくて急遽ほかのものを取り寄せた、ということがありましたね。結局、その最初に注文したものが今頃やっと届きました。2週間近くも遅れるなんて、どうしようもないですよね。普通だったらそんなものは送り返してやるのですが、そんな業者にもチャンスを与えようと、それをそのまま、今度はお盆のイベントの時のお土産にたらいまわしすることにしましたよ。
 現物はこんなもの、ボールペンのお尻の部分がLEDになっているという、いわゆる「ペンライト」です。しかも、キャップの先を見てください。そこがなんと「タッチペン」になっているではありませんか。これをもらったお客さんの喜ぶ顔が目に浮かぶようです。ところで、このイベントが行われる日は毎年8月9日と決まっています。この時には、人によってはお金を収めるということもあるので、それぞれの人に対して領収書を発行したりこのお土産を渡したりと、とても複雑な作業が、受付を行う人には要求されます。そして、それを統括するのが私の役目、早い話が、私がいないことにはこのイベント自体が成り立たないぐらいの、重大な役割を、いつの間にか担うことになってしまっていました。ということで、もしこんな日にオーケストラの練習があっても、とても出席できるわけがありません。と思っていたら、今年はもろにその日は日曜日で、しっかり指揮者練習が入っていましたね。ですから、今のうちからこの日だけは私がいなくてもパートがなくなったりしないように、万全の策を講じているところです。
 まあ、このペンライトの場合はクライアントが寛容だったので業者は事なきを得ましたが、普通の商取引ではそんなことはまずありえません。約束の期日までに商品が手元に届かないことには、その業者はもろに信用を無くしてしまいます。この間中大騒ぎしていたヤスィンスキイさんのCDがそんないい例ですね。かなり早めにお店に注文してあって、発売日になって確かに代理店から物は出ているのに私のところには届かなかったという、あれです。それに関して、その後各方面に問い合わせた結果、業者には業者なりの言い分があることが分かりました。あのような輸入CDは、外国のメーカーに発注して、それが小売店に届くまでには、輸送とか税関などの関係で2か月ぐらいの期間が必要なのだそうです。ですから、発売予定日の2か月前には日本全国で必要な枚数をまとめて、メーカーに連絡しなければいけません。売れることが期待できるアイテムでしたら大目に取っておけば済むことなのですが、今回のCDのようなはっきり言って「地味」なものは、多く取りすぎて余らせてもしょうがないので、発注した時に小売店から集まっていた注文分しか注文しません。私が小売店に注文したのは1か月前ですから、それはもう「締め切り後」だったのですね。ですから、品物が入荷しても、それは2か月前に注文が入っていたところにしか行きませんから、私の注文分は当然バックオーダーとなって「お取り寄せ中」という扱いになってしまったのですね。クラシックのCDなんて、そんなものなのだそうです。下手をしたら枚数が2桁にも届かないこともザラなのではないでしょうか。
 つまり、発売日に入手したかったら、ネットにインフォが出てすぐに注文しなければいけない、ということです。でもねえ、私の場合は「マルチバイ割引」という、何枚かまとめると3割引きみたいな制度を愛用しているので、なかなかそうもいかないんですよね。
 結局、この間東京に行ったときに、そんな、小売店にかろうじて渡っていた何枚かのうちの1枚をゲット出来たので、まあラッキーには違いないのですが、もちろん割引はきかないので少し高いものを買わされましたね。でも、それに付いていた「帯」には、ヤスィンスキイさんが生まれたのが「1998年」なんていう間違いがありましたね。いくらなんでもこれでは若過ぎひろし。これは代理店に文句を言ってありますので、きっと次回分の帯では直っていることでしょう。ですから、今回はとてもレアな「帯」が入手できたのだと、素直に喜ぶことにしましょうね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-06-11 21:17 | 禁断 | Comments(0)