おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
久しぶりの上野駅
 この間「おと休」消化で一人で東京まで行ってきたときには、まず上野で降りてみました。新幹線が出来てからはすっかりご無沙汰ですが、その前にはとてもよく利用していた駅ですから、改めて最近の姿をきちんと見てみようと思ったんです。
 これが駅の正面。昔の写真を探してみたら、駅舎の形はそのままですが、文字が付いたり、ペデストリアン・デッキが出来たりしていますし、何より昔は正面入り口の前に車が通っていたんですね。このころの駅にも来たことがあるような気がします。
 その正面入り口が、こちら、もちろん、もうこの前には車はなく、カフェのテーブルなんかが並んでいましたね。
 そこを通って駅の中に入ると、こんな「ガレリア」という空間に出ます。
 昔は、この前から広々とした通路になっていたはずですが、そこにこんなものが張り出しています。「エキナカ」ってやつですね。
 ネットで画像を探したら、この空間では、毎年「駅コン」が開催されているようですね。仙台の駅コンとセットで、同じころにやっているようですが、上野ではこんな狭いところでやっていたんですね。だから、こんなちっちゃなアンサンブルがせいぜい、フルオケなんてとても入りませんね。つまり、毎年仙台駅で仙台フィルが演奏しているような空間は、東京ではとても確保できないということなんでしょう。まあ、当たり前の話ですがね。
 真ん中の通路を挟んで、反対側にもやはり「エキナカ」が広がっています。正面入り口は東側ですから、こちらはその反対側で「ウェスト」なんでしょう。
 ところが、このあたりもごく最近そんな名前に変えたばかりだということに、ストリート・ビューを見ていて気が付きました。2013年という日付の着いた全方位写真ですから、そんな前ではないのに、「イースト」はこんな名前。
 そして、こちらがかつての「ウエスト」です。テナントの配置も少し変わっていますね。
 前もってこのあたりをネットで調べてあったのですが、この「レトロ館」とか「七番館」といった「昔の名前」がこのエキナカの公式サイトでまだ使われていたのには、あきれてしまいましたね。そもそも、そのサイトのフロアマップがとんでもない出来そこないですから、やる気のなさはミエミエなんですけどね。
 そのあとは、中古CD屋さんや、普通のCD屋さんのハシゴです。そこで見つけたのが、こんな掘り出し物。やはり、ネットばかりで新譜をあさるのではなく、たまには「現場」を見に行く必要もあるようですね。

[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-07-03 21:35 | 禁断 | Comments(0)