おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
あと1ページ
 「かいほうげん」の編集作業は順調に進んでいます。JAOフェスのレポートは、書いてくださった人と一緒に今までになかったほどの推敲を繰り返し、もうこれ以上は直しようがない、というほどの完成度に達したものが出来上がりました。それにしても、金沢のあのホールで「カルミナ・ブラーナ」を演奏したなんて、とてもうらやましいですね。写真(これはもちろん「かいほうげん」にも掲載されます)を見るとステージはかなり広くて、大編成(通常より5割増しぐらい)のオーケストラに合唱が加わっても楽々収まるんですからいいですね。ただ、児童合唱だけはオルガンの前に立っているみたいですね。
 この写真を見てみると、合唱では女声が圧倒的に多くて、男声がちょっと少なめなような気がしますが、どうだったのでしょう。これだったら、オケではなく合唱で参加するために金沢に行ってもよかったな、なんて思っています。まだ「カルミナ」を歌ったことはありませんから。オケのフルートは吹いたことがありますけど。
 でも、こういうフェスだと、木管の場合は自分のパートがないのに出演する、という人が出てくるのがかわいそうだと思ってしまいます。この曲ではフルートとピッコロを合わせてフルートパートは3人で演奏するようになっていますが、ここではそこに5人が乗っているんですよね。2人は自分のパートではなく、ほかの人のパートを一緒に吹くだけの「アシ(アシスト)」という役目、確かに弦楽器がこれだけ多いと1パート1人では足らなくなってしまうかもしれませんが、そんなブラスみたいな役割だけのためにわざわざ参加するというのは、おそらく私には耐えられないでしょうね。その点、合唱だったら間違いなく力になれたのに。でも、合唱だったらそれこそ何か月も前から練習に参加しなければいけないのでしょうね。
 そして、もう一つの原稿も、無事届きました。こちらはもうそのままテキストを流し込めばほとんどページが完成してしまうという作られ方の原稿ですから、あとはそれを仕上げるだけでいいのですが、今回はちょっと長すぎて用意してあったページ数に収まり切らないという「ぜいたくな」事態になってしまいました。ですから、短縮バージョンをお願いしているところです。いずれにしても、これでほぼすべてのページは埋まったことになります。
 そういう印刷媒体だけではなく、私の仕事はネット上のバーチャルな媒体にも及んでいます。かつては「ホームページ」と呼ばれていた概念が、今ではかなり正確に「ウェブサイト」と呼ばれるようになっていますが、最近ではそれを最初から自分で作るという人はかなり少なくなっているのではないでしょうか。本格的なものは専門のウェブデザイナーが作ってくれますし、ブログなどではただテキストを書き込むだけでそれがそのままウェブサイトになってしまいますからね。私の場合は、まずは自分のウェブサイトを更新、それをブログにコピー、さらにはそれへのリンクをFacebookから張る、という作業が、ほぼ日課となっています。
 そんな、ウェブサイトの更新に欠かせないのが「転送」のためのツールです。自分のPCの中で作ったファイルを、サーバーの中に送り込むためのツールは普通は「FTP」と呼ばれていますが、最近その調子がちょっとおかしくなっています。特に、たくさんの関連したファイルをまとめて更新した時に、その更新したものだけを選択して自動的に転送してくれる機能を使って転送を行うと、一部のファイルが全部は転送されない、という不具合が起こるのですよ。一応チェックはしているのですが、この前などには「日程表がこわれています」という連絡をもらったので見てみると、見事にデータの途中が消えたものが転送されていましたね。そういうのは手動で転送しなおせばきちんと送れるので、すぐに修正できましたが、そんな風に気が付かないままでいるというのはちょっと困ったことです。もし、なにか不具合を見つけた方は、即刻ご連絡をお願いしますね。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-08-15 22:01 | 禁断 | Comments(0)