おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
仙台駅にニューフィルの巨大ポスターが!
 「シルバー・ウィーク」というのが始まったのだそうですね。まあ、私には全然関係のないこと、今日の日曜日も、朝早くから出勤です。行ってみるとお墓の中にはたくさんのお参りの人が。連休の場合、早いうちにこういう「雑事」をこなして、身軽になったところで行楽に行く、というのがパターンのようですね。ですから、この連休の最後の日が本当の「お彼岸」なのですが、おそらくその日はこのあたりも閑散としていることでしょう。
 この連休に、この近くで「嵐」のコンサートが開催されるのだそうです。それも4日間も。なんでも村井とかいう県知事が顔をきかせて「復興支援」のために招聘したのだそうで、きのうのニュースではその村井という男が、満面のドヤ顔でカメラに収まっていましたね。そのためにどういうことになったのか、このあたりは詳しく報道されているのでご存知でしょうが、まず宿泊施設がパンクしました。この時期に学会などを用意していたところは、宿の確保が出来ないので日程を変えたりしたのだそうですね。そして、交通渋滞です。友達の友達がFacebookで悲鳴を上げていましたが、あんな交通の便の悪いところに何十万人も押し寄せるのは、ほとんど「大災害」です。そんなに昔でもないころに同じようにロックグループが同じ場所に来て同じような事態をすでに経験していたというのに、全くそんな「災害」の経験が生かされていないのが、とても不思議です。
 そんな記事が載っていた新聞に、仙台駅の写真がありました。なんと、そこには巨大な「嵐」のメンバーのタペストリーがぶら下がっていましたよ。これはおそらく連休が終われば外されるのでしょうから、利府まで行く気持ちは全然起きなくても、これを「生」で見るぐらいの「嵐体験」だったら誰にも迷惑は掛からないでしょう。今日の夕方にイズミティでちょっとした用事があったので、それの前に駅まで行ってこようと、旭ヶ丘に車を置いて地下鉄で仙台と泉中央の間を小旅行です。
 仙台駅の「嵐」は、こんな感じでした。向かって右から
 これは、コンサートと、メンバーがCM出演している「日立」の、両方の宣伝という意味を持っているのでしょうね。なんか、すっかり「大きなもの」に巻かれてしまったような気がしてしまいました。でも、メンバーの顔がこんなにでっかくなっているのを見れるのは、やっぱり幸せです。
 もちろん、私のことですから、こんな写真を使って何かをたくらんでいることは予想できるでしょうね。もちろん、そんな「下心」があったので、わざわざ写真を撮りに来たのですが、こうやってメンバーの写真が一人ずつあるところにそんな「仕掛け」を施すためには、誰かを削らないといけないな、と思っていました。誰かひとりカットするなんて私にはとてもできませんが、あえて言えば大野君あたりでしょうかね。
 そうしたら、なんと、ご覧のとおり写真は「6枚」あったではありませんか。これで問題は解決です。全員が入っている写真を「それ」に使えばいいだけの話ですからね。
 この画像から、Facebookにアップしたもっと大きな写真にリンクしています。これだけは公開モードにしてあるので、たぶん見れるでしょう。ぜひ、フルサイズで見てみてください。
 Facebookでは、これを「本物」だと思った人がいたようです。それはそれで、とてもうれしいことです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-09-20 22:05 | 禁断 | Comments(0)