おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
スマホのデータ移行は、すべてお客様の責任で行っていただいております
 今日はものすごい強風でしたね。家に帰るときに空を見上げたら空までこんな怪しい感じになっていました。
 実は、この写真はiPhone6sで撮ったものです。え?私のiPhoneは5cじゃなかったの?なんていう人はほとんどいないでしょうが、まさかこんなにすぐに買い替えるなんて、自分でも驚いているところです。
 5cを買ったのは今からちょうど2年前でした。一応2年経てば買い替えても損はしなくなる、という料金体系だということは知っていましたから、何らかのアクションをとろうかな、ぐらいのことは漠然と考えていたのですが、9月末にdocomoから「下取りすれば本体価格が実質0円になります」というおいしい話が舞い込んできました。その期限が11月の初め、まあ、全然お金をかけずに新しいiPhoneが手に入るのならそれもいいかな、と誰でも思うでしょうね。
 ただ、実際はどうなのか、きちんと話を聞いて見積もりを出してもらいたかったので、おととい練習に行く前にフォレオのdocomoショップに行ってみました。そうしたら、対応してくれたのが「入ってまだ1年なんですよ」という、いかにもバカっぽい女子でした。まあ、確かに「0円」で買い替えることができることは分かったのですが、例えばデータのバックアップなどのことを聞いても、さっぱり要領を得ないのですよね。ただ、「下取りになるので、データを全部削除した状態で持ってきてほしい」というだけなのですよ。いちおうiCloudにはバックアップがあったので大丈夫だとは思ったのですが、「それでいいですか?」と聞いても、あいまいな答えしか返ってきません。ですから、念のためPCにもバックアップをとってからもう1回来ようと、機種を予約だけしてそのまま練習に向かいます。
 そして、きのうはまず朝一で職場のPCでバックアップをとってから、ショップに向かいます。今度はちゃんとした男子が対応してくれたので、前の日のようなちぐはぐなことはありませんでした。一応、下取りなので5cに問題がないか調べられて、新しい6sを購入するという時点で、5cのデータ削除をさせられました。そのあとの、ドコモメールの設定とか、データの復元などは、「全てお客様ご自身にやっていただいております」ということで、何一つ手伝ってはくれませんでしたよ。まあ、ちょっとパスワードで疑問点があったので(ドコモだけで3つのパスワードが必要です)それを確認、そのほかには必要なものはないかをしつこく確認して、あとは自分でやることになりました。しかし、そのあとで、彼は何やら操作して、ドコモの有料アプリを5種類ほどインストールしてしまいましたよ。私に何の断りもなく、というか、そういうことだけは「自分で」はやらせないのですね。なんか不信感が募ったので、「せっかくですけど、それ、要らないんですが」と言ってみると、「後で削除してもいいので、とにかく入れさせてください」と言い張ります。まあ、そういう「大人の」事情なのでしょうね。もちろん、これは帰って即刻外しました。絶対使わない有料アプリですよ。どういう神経しているのでしょう。
 それからが大変でした。まず、データを復元しようとiTunesにつないでも、iPhoneが認識されません。まだ、6sには対応していないのでしょうか。仕方がないので、まずiTunesをアップグレード、もう一度トライしたら、やっとインストールが始まりましたが、それがかなり長い時間かかりました。やっと認識された時には、心底ほっとしましたね。
 家に帰って、WI-FIにつなごうとして、また一苦労です。いくらパスワードを入れても、「ちがいます」というだけ、PCなど、ほかのものではきちんと使えているパスワードのはずなのに。これがつながらないと、アプリのDLが出来ないじゃないですか。でも、つながっていないはずのWI-FIが、いつの間にかきちんとつながっていましたよ。いったい、さっきまでの反抗的な態度はなんだったのでしょう。「ツンデレ」ってやつですかね。
 その後も、入れたはずのパスワードが消えていたり、Apple Storeが開けなかったり、あまりに理不尽なことが続くので、OSそのものまでアップデートしてしまいましたよ。出たばかりなのにもう9.0.2という修正版が出ていたのがびっくりですよね。
 確かに、ディスプレイが少し大きくなったので、見やすくはなりましたが、操作性は片手では指が届かなかったりと、痛し痒しです。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-10-08 20:55 | 禁断 | Comments(0)