おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
仙台一のとんかつ
 この間入手した12月に行われる角田市での「第9」のチラシを見ていたら、実際にこの新しい会場に行ってみたい衝動に駆られてしまいました。かつては同じ市内の体育館でやっていたコンサートですが、その体育館はあまりにも劣悪な環境だったので15年ほど前から大河原町にある「えずこホール」を使うようになっていました。それが、今年角田市内に念願のコンサートホールが完成したので、今回はその「かくだ田園ホール」で演奏することになっています。
 ですから、今のニューフィルのメンバーの大半は、入った時には「えずこ」でおこなわれるようになっていたので、この角田時代の「第9」を知っている人はあまりいないはずなのです。私だって、そんな昔に行った時に通った道なんかもすっかり忘れていますから、この際一度行ってみて、私のためと、そんな、まだ角田に行ったことのない人のために目印などをきちんと書いた地図を用意して、今度の「かいほうげん」に載せてみようと思ったのです。ちょうどそのぐらいのスペースは確保できそうでしたし。
 基本的には、4号線の船岡バイパスから分岐した道を南下して、そのまままっすぐ行けば角田市内に入る、という感じでした。ですから、まずは最初のチェックポイントはその分岐点になるわけです。一応Googleのストリートビューでチェックしてみると、そこには大きな標識があるようなので、ちゃんと行けそうでした。それで、最初に「角田」という標識が見えたので、ちょっと前とは様子が違っているようなのですがそこを入って、川を渡ってしまいました。しかし、やはりこれは全く通ったことのない道だと気づきます。もっと先で分かれるところがあって、普通はそこを行くものだったんですね。
 でも、引き返すのもしゃくなので、とりあえず「角田」とか「丸森」という標識を頼りにそのまま走り続けます。しかし、一応「県道」とはなっていますがかなり辺鄙な道で、本当に角田まで行けるのか心配になってしまったのは事実です。
 結局、その道は本来の道と平行に、阿武隈川の対岸を走っていたものでした。ですから、しばらく行くと、昔の懐かしい体育館が正面に見えてきましたよ。ですから、そこから橋を渡れば、角田市内に行けるはず。あとは、目印の警察署の前を曲がれば、目的地の「かくだ田園ホール」に着くはずです。この場所、ストリートビューで見ると、まだ工事中でしたね。ホールの部分はまだ基礎工事も終わっていません。
 しかし、実際に行ってみると、当たり前ですがちゃんとホールの建物が建っていましたよ。
 実は、この建物はかなり遠くからでも見えるので、車で来るときにはちゃんと目印になることも分かりました。これはやはり実際に来てみないことには分からないことでした。そのあたりは、いずれ地図を作った時にご紹介。
 ホールの前には、ちゃんと「第9」のポスターが貼ってありましたね。
 そのお隣には、なんと仙台フィルのコンサートのポスターが。曲目は「田園」ですって。うちが最初のオーケストラではなかったのが、ちょっと残念。
 帰り道はちょうどお昼時だったので、なんでも「仙台で一番おいしいとんかつ屋」と言われているお店に寄って行こうと思いました。私にとっての「仙台一」は櫻家ですから、それよりもおいしいのだったらぜひ食べてみたいじゃないですか。着いたのは一時頃でしたが、お店の前には長蛇の列、確かにすごい評判ですね。
 でも、確か2時まではやっているはずなので、待っていれば入れるでしょう。と思って待っていると、奥から店員さんが出てきて、「すみません。こちらの方で終わりなんですよ」と、私と私の前の人の間に線を書きました。えーっ。そんなぁ。だったら、ちゃんと前もって言ってくれないと。
 でも、確かに、こんな紛らわしい札はかかっていましたね。なんでお店は開いているのに準備中なのかな、と思っていたのですが、こういう仕掛けだったとは。そういえば、のれんも外されていますね。まあ、そこまで人をコケにするぐらいですから、きっと櫻家よりおいしいとんかつを食べさせてもらえるのでしょう。待ってろよ。いつか必ず、私の舌でその真偽をあばいてやるからな。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-10-31 21:05 | 禁断 | Comments(0)