おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
カーナビは使ったことがありません
 この間角田に行った時に撮った写真などを使っての地図作りの作業は、順調に進みました。出来上がったのがこんなんです。「かいほうげん」ではこれが見開きの2ページとなります。これがあれば、初めての人でも迷わずに行ける、かな。

 これで、道路の目印などを付ける時に使ったのが、ストリートビューです。本当は直接写真を撮ればいいのでしょうが、運転しながらカメラを構えるのは大変で危ないですからね。かといって、誰かを助手席に乗せて撮ってもらおうと思っても、その人があまり写真が得意でなかった時にはかえって運転するときのストレスになってしまいますから、安全的な見地からもお勧めは出来ません。そんな時に、これは非常に役に立つツールになりますね。走っているときにチェックしておいた標識などを、あとでGoogleでお人形さんを走らせて、その時に出てきた画像を使えばいいのですからね。
 ただ、これも難点はあります。例えば、こんな標識を使おうと思ったのですが、この前のカットではちょっと小さくて分かりずらかったので、このカットにしたら、こんな風に看板が崩壊してしまった画像しかありませんでした。ストリートビューのカメラは、全方位をカバーするもので、あたかも周りがすべて見渡せるかのように感じられますが、その正体は多くの方向を向けた何枚ものスティル写真をつなぎ合わせただけのものなのですから、その「つなぎ目」ではこんなみっともないことになってしまいます。
 それと、これは誰でもわかりますが、実際に走っている道路の上にはこんな「国道4号線」のような文字が書いてあるわけではありません。もちろん、これを地図に使うときにはきれいに消しておきましたよ。ニューフィルの団員で、もしかしたらこんな文字があるかと本気で信じている人がいたりしたら困りますからね。
 ただ、この看板は、「ここから行ってはいけません」という意味で載せたものなのでした。昔角田に行っていたときには絶対にここで間違えたことはなかったのに、この間はつい魔がさしてここで曲がってしまったのですよね。まあ、ちゃんと「角田」と書いてあるので、いつかは着くだろうとは思いながら走っていましたが、実際はかなり不安でした。なんだか、堤防の上のような、ガードレールの付いてない細い道になった時には、こんなところを通っていて本当によかったのだろうかと本気で思ってしまいましたよ。今思い返しても、無事に体育館のそばに出られたのは奇跡としか思えません。そんな道に入ってしまうところですから、くれぐれもここでは曲がるな、という気持ちを、この写真に込めてあるのです。
 これが出来てしまいましたし、頼んでいた原稿も届いていたので、このままいけば今週中に全ページが完成するのでは、とも思ったのですが、肝心の定期演奏会の写真のページを作ろうとしたら、写真が職場のPCにはないことに気づきました。いや、私が撮ったものは全部あるのですが、写真チームの他の人の分はみんな自宅にしかなかったのですよね。それと、最後のページの「ジュラシック」のロゴの画像も、確かに職場にも送っていたはずなのに見当たりません。仕方がないので、フォルダーごと持ち帰って自宅で残りの3ページを仕上げることになってしまいました。まあ、いつもの校了前の戦争がまた始まります(←今野敏の「任侠書房」)。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-11-06 21:07 | 禁断 | Comments(0)