おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
1200通の袋詰めが3日で終わりました
 もう今年も今日を入れてあと10日になってしまいました。「年末進行」みたいなことをやっている出版関係の会社とかは、まだまだ徹夜の日々が続くことでしょう。哀れなことです。
 わたしも、言ってみればそんな「年末進行」っぽいことがないわけではありません。ブログのネタなどは、ある程度仕込んでおかないと休みになってからだとなかなか時間が取れなくなってしまいますからね。でも、職場の方では、そんなに無理をせずに決まったスケジュールで、しっかりと今年の予定はこなしています。この時期の最大のイベントが顧客向けのDMの発送ですが、それはもうきのうすべての作業が終わってしまいました。一番手間がかかるのが、袋詰めの作業なわけですが、これも毎年のことでしっかり手順が決まっていますから、時間さえあれば何ということはありません。
 そんなことを言ってみても、やはり1年たつとすっかり手順を忘れてしまっていますから、これが、今年の作業のテーブルですが、こんな風に最も効率よく仕事ができる配列にするまでには、結構時間がかかったりしてしまいました。やっていて、なんか手の動線が不自然なので、内容物の場所を変えたりして、やっと手が馴染む位置に落ち着くことになります。毎年そんなことをやっていたのでは効率が悪いので、この写真を職場の公式サイトに載せておきました。来年これを見れば、最初からこのもっとも効率の良い並びで仕事が始められることになります。
 実は、去年もやはりこれを写真に撮って、サイトにアップしていたことをすっかり忘れていました。ですから、来年もきっと、また同じことを繰り返すのではないでしょうか。
 この袋詰めが終わると、郵便局から発送することになります。これは去年から「ゆうメール」の特約契約を結んでいますから。かなり安く送ることができるようになりました。ただ、これは1年契約なので、毎年更新しなければいけません。それも、別にこちらでは何もしなくても、郵便局で新しい契約書を作って持ってくるだけですから、全然手間はかかりません。
 その、今年の契約書が出来たというので、去年とは別の担当者がやってきました。去年はたしか係長のおじさんでしたが、今年はなんと若い女の人ですよ。おそらくまだ20代、それでも「主任」という肩書でした。そういえば、近所の郵便局の局長さんもおばさんでしたから、結構この会社では女性が活躍しているみたいですね。
 「去年と同じ金額でお願いします」と言って差し出した契約書を見てみると、なぜか料金が前より1円だけ安くなっています。さなえさん(仮名)は全くそのことに気づかずに、「まったく去年と同じに作ったのですが」と不思議がっています。でも、もちろん、すでに稟議印が押してある契約書ですから、そのままの値段でやっていただけることになりました。かなりいい加減、というか、実はもっと安くても大丈夫なのかもしれませんね。来年にはもう1円下がっているかもしれません。
 発送は、郵便局まで行かなくても、しっかり集荷に来てくれます。そのときに、その金額で作った伝票に部数と金額を書いて、一緒に持って行ってもらい、そのあと部数を確認して集金に来る、という手筈です。ところが、集金に来た時に、「伝票が間違っていました」と言われてしまいました。普通郵便だと定型は25グラムまでなのですが、それは超えているので、非定型になってしまいます。ですから、非定型の金額で申請したのですが、よく見るとゆうメールの場合は50グラムまでが定型なんですね。そこで、料金がさらに10円安くなっていたのですよ。それこそこっちのミスなので、何も言われなければ分からなかったものを、ちゃんと「安い」ほうに訂正してくれるなんて、ちょっとこの会社を見直してしまいました。
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-12-22 22:44 | 禁断 | Comments(0)