おやぢの部屋2
jurassic.exblog.jp
ブログトップ
WAGNER/Das Rheingold
c0039487_20201069.jpgMatthias Goerne(Wotan), Michelle DeYoung(Fricka)
Kim Begley(Loge), Oleksander Pushniak(Donner)
Anna Samuil(Freia), Deborah Humble(Erda)
Peter Sidhom(Alberich), David Cangelosi(Mime)
Kwangchul Youn(Fasolt), Stephen Milling(Fafner)
中村恵理, Auhelia Varak, Hermine Naselböck(Rheintöchter)
Jaap van Zweeden/
Hong Kong Philharmonic Orchestra
NAXOS/NBD0049(BD-A)




最近のアジアのオーケストラの躍進ぶりには目覚ましいものがあります。そんな中で、まだCDでも聴いたことのなかった香港フィルが、なんとワーグナーの「指環(から)」の録音を成し遂げてしまいました。
香港フィルの前身は1895年に作られたというオーケストラですが、プロとして活躍を始めたのはそれからだいぶ経った1974年のことでした。それが、2004年にエド・デ・ワールトが音楽監督に就任したころから飛躍的にレパートリーも拡大し、コンサート形式でR.シュトラウスやワーグナーのオペラも演奏できるようになっていました。2012年からは現在のヤープ・ヴァン・ズヴェーデンが音楽監督に就任、ついに「指環」全曲のツィクルスを始めることになったのです。その第1弾が、2015年の1月に行われた「ラインの黄金」のコンサート形式の上演、そして2016年の1月には「ワルキューレ」の上演が予定されています。
その「ライン」をライブ収録したものが、リリースされました。これにはNAXOSもかなりの力を入れているようで、CDと同時にBD-Aも発売されています。CDとBD-Aがほぼ同じ価格というのがうれしいですね。さらに、BD-Aと同じフォーマットのFLACファイルがmoraではなんと全曲1440円で配信されていますから、こちらはもっとお買い得(他社では2500円)。
もちろん、これはハイレゾを普及させようという意味を持ったディスカウントなのですが、そんな用途としても十分に耐えうるだけのクオリティを持った録音だからこそ、このような扱いにもなるのでしょう。確かに、BD-Aで聴いた時には、ショルティのBD-Aには遠く及ばないものの、なかなか素晴らしい録音でした。しかし、同じものがCDになるとガラッとしょぼい音になってしまいます。なにより、マスタリングの際の再生レベルがBD-Aより4~5dB低くなっているのが問題、このアイテムに限っては、CDの音はクズ同然のお粗末さです。
香港フィルの力は、確かなものでした。前奏曲の、本当に難しいホルンの導入なども難なくこなしていますし、ワーグナーには欠かせない金管楽器の存在感も、とても立派なものでした。そして、弦楽器の響きの美しいこと。それは、まるで日本の最高ランクのオーケストラの弦セクションを聴いている時のような味わいを持っていました。もちろん、それは褒めているわけではなく、常々弦楽器がそんな風に「美しすぎる」ところが、「本場」のオーケストラに比べて物足りない点だと思っているものですから。特にワーグナーでは、これはあまりにもお上品すぎます。
それと、やはり西洋音楽を目指している団体ではあっても、自然と中国人らしいセンスが現れてしまうところがあって、和みます。それは、第3場の前後でヴォータンたちがニーベルハイムへ行き来する際の場面転換の音楽の中に現れる「鍛冶屋のモティーフ」です。バンダの打楽器が何人もで金属片を同じリズムで叩き続けるというシーンですが、普通は本物の「金床」などを使って低めのピッチで聴こえてくるものが、ここでは何とも甲高い音しか聴こえてきません。そこに広がるのはキンキラキンの京劇の世界、ゲルマン神話の薄暗い世界からはかなり隔たった景色です。
歌手陣はまさに充実の極みです。まず、ヴォータンのゲルネは、最近のこの役にはあまり威厳を与えないという「流行」には全く背いた、真の「神々の長」という雄々しさで迫ります。やはりヴォータンは、この方が全体が締まります。フリッカのデヤングも、昔はあまり良いとは思わなかったものが、ここに来て凄さが光るようになってきました。やはり昔からおいしかったのかも(それは「ぺヤング」)。
ただ、唯一の日本人として参加している中村さんは、出だしのヴォークリンデでディクションの欠点がもろに出てしまっています。声も、この役には重すぎ。

BD-A Artwork © Naxos Rights US, Inc.
[PR]
by jurassic_oyaji | 2015-12-27 20:23 | オペラ | Comments(0)